Neelix : Goofy Jam Session

 Beatportでひたすら彷徨う今日この頃なわけですが、ほんと久しぶりにゴアトランスっていうかサイケデリックものを買ってみました。ぐわんぐわんに曲がるわけではなくって普通にテクノといえばテクノなんですが、やっぱり音はサイケデリックなわけです。侘寂の感じが独特っていうか懐かしいです…
 世紀末っていうか90年代末期からゴアってあんまり聞いてなかったんですが、またチョロチョロ聞きたいな〜って思います。今こそゴア!って気がしなくもないですし…
(2011、Spintwist Germany)

Der Dritte Raum : Rosa Rausch

 Der Dritte Raumの久々のアルバムです。ジャケットを見て、これはいける!って思ったのですが、大当たり!でした。ジャケそのまんまの聞くパズルっていうか脳内カレイドスコープっていうか、聞くエッシャーっていうか…さすが!Der Dritte Raum!!よくできています。
 ベルのような弦のようなFM音源チックな音色が美しいRosa Rausch、得意の軽快なハマリ系のModularmodulにBlautaut、美しく楽曲としての完成度が高く「死ぬ前に聞きたい1曲」系のWeitweltが僕のお気に入りです。
 Der Dritte Raumって押し出しも強くないし、ヤバイ!とか天才的だ!と話題になる事も無いし、音数も少ないんですけれど、ハマリはほんとうに素晴らしいです。ある意味ほんとに「わかってつくってる」感じです。ゴアトランスのパーティーに昔行った時も、Ree.KなんかがかけたDer Dritte Raumで黙々となんだけど、みんな楽しく笑顔で踊ってる時って楽しかったです。テクノに貴賎は無いんですが、玄人受けするいい曲をDer Dritte Raumはつくると思います。もっと流行ってほしいです。
(2010、Save To Disc Recordings)

Platipus 6

 ゴアトランスにはまっていた時にはPlatipusにはだいぶお世話になりました。朝系の美しい曲が多いです。パーティーから帰った後に何か聞きたいな〜みたいな時に聞くみたいな…そんな思いでの残滓に浸るために買ってみました。
 Platipus的にはこの6になる頃にちょっと色々と変わったみたいで、ジャケも大きく変わっています。まだ新しい曲っていうよりは今までの曲のリミックスが多いです。
 MoogwaiのViola (Original Mix) 、I-ChingのSoulstormなんかはほんと美しい名曲です。メロディーが入ると安くなりがちなのですがギリギリのところでいい感じです。
 Libra Presents TaylorのAnomaly – Calling Your Name (Original BT + Taylor Mix)も美しいです。Quivverのリミックスが耳に馴染んでいたんですが、もっと柔らかくロマンチックで、こっちがオリジナルなんだぁ〜って感じです。
(2000、Platipus)

BOOWY : MORAL TRANCE MIX

 僕が数少ないテクノじゃなくてファンになったのがボウイでした。もう、えらく熱心に聞いていました。アルバムを最初から最後まで、きちんと聞いて、また、別の一枚みたいな、、、なんか、きちんと聞いてました。
 そのボウイのトランスミックスです。え?って感じでしたが、No N.Y. (Joujouka)が、良かったです。ボウイもツヨシも両方とも好きな人じゃないと、何だこりゃ?って感じだと思うのですが、僕は好きなので、好きです。System7の、Alpha Wave(Plastikman Acid House Mix)みたいな、ギターのループが、かっこいいです。あとキックがツヨシらしい男らしい?キックなんで爆音で聞くと盛り上がります。
(2002)