Jam & Spoon : Right In The Night (ESCA 6022 日本版)

 Jam & Spoonがフラメンコギターとジャーマントランスを融合し、なおかつPlavkaのボーカルまで乗せてしまった美しい名曲Right In The Nightは種類がたくさん出ていてファンとしては悩まされます…この日本版の内容は…

Right In The Night (Radio Edit)
Right In The Night (Full Length Mix)
Right In The Night (Instrumental)
Follow Me (Arpeggiators Tripomatic Fairytales Mix)

…です。
 Follow Meはリミックスじゃないほうが、やはりいいなぁって感じです。Full Length Mixはアルバムに入っているのと同じです。Instrumentalは深く静かな感じがJam & Spoonな感じで素晴らしいです。
 …というわけでRight In The Night (Instrumental)を聞きたい方用のシングルですね。僕は元々持っていたので空振りだったという…Jam & Spoonってほんとに素晴らしく、何度もいい思いをしてるので反射的にこの版も買ってしまいました…まだ聞いた事の無い奇跡のミックスを永遠に探し続ける感じです。

Jam & Spoon : Remixes & Club Classics

 2006年のマーク・スプーンの突然の悲報はだいぶショックでした…え?!って感じで、どうする事もできない感じでした…結局こういう事は時間が解決してくれるみたいで、自分の中でほとぼりが冷めたので、このCDを買ってみました。他のアーティストの曲をリミックスしたCD1と、Jam & Spoonの曲の2枚組になっています。
 CD1のほうは、Jam & Spoonの最高のリミックスで、なおかつシーンを大きく変えたであろうAge Of LoveのThe Age Of Love (Watch Out For Stella Club Mix) が、やはり素晴らしいです。割と原曲のイメージに近いMobyのGo (Jam & Spoon’s Delirium Mix) は美しさアップで素晴らしいです。リミックスはレアなものが多く、Quincy JonesのBack On The Block (Club Trip Part One) 、Pet Shop BoysのYesterday, When I Was Mad (Jam & Spoon Mix) 、Frankie Goes To HollywoodのRelax (Jam & Spoon Trip-O-Matic Fairytale Mix) 、Marilyn MansonのThe Nobodies (Burn 36 Mix) 、Jam & Spoon ‘s Hands On YelloのYou Gotta Say Yes To Another Excess (Great Mission) なんかが聞いてて面白いのと、リミキサーとしてもJam & Spoonって人気があったんだなぁっていう事がしのばれます。
 CD2は、何と言っても入手困難だったFollow Me! が入ってるのがいいところです。12分にわたって美しいトランスの世界が繰り広げられます。3曲目のCan You Feel Itと4曲目のMy First Fantastic F.F. はミックスされていてiTunesなんかで聞くにはちょっと残念なんですが、なかなかのミックス具合です。
 CD2の目玉としてはBe.Angeled (Tribute To Mark Spoon) (Loveparade-Mix 2006) が、Jam & Spoonの色々な要素が色々入っていてメガミックス風なんですが、メガミックスによくありがちな安い感じではなく良くできています。ずっとファンだった方ほど思いを重ねられる良リミックスだと思います。もうどうにもならない事ではあるんですがマーク・スプーンがしのばれます…あ、あとJam & Spoonのアルバムはきちんと世界観ができているので、これから聞く方はこのベスト版だけではなく、アルバムもぜひ聞いていただきたいなぁって思います。

Tokyo Ghetto Pussy : Fly Me To The Moon

 Jam & Spoonの変名ユニットです。Jam & Spoonは凄く好きなんで全ての曲を聞きたいんです。Tokyo Ghetto Pussyはハッピーハードコア的なプロジェクトなんですが、これは憂いのある系の歌ものです。ボーカルはPlavkaじゃなくてCandyです。僕はエピックとかダッチって、あんまり得意じゃないんですが、ちょっとそういう硬い感じです。Fly Me To The Moon (Marc Aurel Remix – Full Vocal) が、凄い広い所でレーザーとスモークの中で聞くといいかな〜って感じでした。
(2002、Zeitgeist)

jam & spoon : 2001 (Bonus Disc)

 jam & spoonの伝説の名盤2001がボーナスディスクつきで再発!オールドファンとしてはボーナスディスクが気になるわけです。
ボーナスディスクの内容は、、、
 
Trance – Central Goa Trip
Stella (Barracuda Mix By Moby)
Follow Me!
Die Kraft Der Vier Herzen
Keep On Movin’
Stella (The Lost Bet Mix By Frank De Wulf)
 
、、、ってな感じです。
Follow Me!が入っているので初めて買う人にはバッチリでしょう!っていうか、だいぶレアな曲ではあったので、僕は苦労してドイツからとりよせたりしてたので、このCDから入る人はいいなぁ〜って感じです。

 今回の収穫は、題名通りゴアテイストなTrance – Central Goa Tripです。TB-303がハードにつかわれていてかっこいいんだけどjam & spoonなんです。それとStella (The Lost Bet Mix By Frank De Wulf)がStellaのリミックスは結構出てるんでそれらと比べてどうかな〜って感じだったんですが、遜色ない素晴らしいできで、聞けてうれしいです。

 いちおうボーナスディスクじゃないほうもiTunesで曲名を確認したところ下記のような感じで、スリーブの内容とはちょっと違っていて、最後の曲がFind Meではなくて実際入っているのはStellas Cryです。オリジナルと一緒ですね。
 
Heart Of Africa [Album Version]
Odyssey To Anyoona
Two Spys In The House Of Love [Album Version]
Stella
Neurotrance Adventure
Operating Spaceship Earth [Album Version]
Zen Flash Zen Bonies [Album Version]
Who Opened The door To Nowhere [Album Version]
Right In The Night (Fall In Love With Music)
Muffeled Drums [Album Version]
Path Of Harmony
Paradise Garage [Album Version]
Earth Spirit [Album Version]
Stellas Cry [Album Version]