Mason Pearson

Mason Pearson

 12月です。クリスマスです。僕はクリスマスが大好きなんですよ。まぁ、バブル世代だからってこともありますが、そういうバブル的な思い出とは別に、クリスマスって冬至と時期もほぼ一緒だし、季節の変化とともに、なんか妙にいい雰囲気になっていくのを感じなくも無いわけです…ってな感じで、プレゼント選びがスタートです。Amazonとかで探すことが多いんですが、油断しているとクリスマスに届かないこともあったりするので、12月になったら探すのが正解なわけです。
 今年はカワイイ娘ちゃん(中3)へのプレゼントはブラシにする事にしました。なんか、その辺で買ったボロいのを使ってるようなので…探し始めると未知の分野なので面白いです。結構色々なものを掘りつくしたかなぁって勝手に思っていたので、調べていて面白いです。
 それで、ブラシのいいのを探していると必ず到達するのが、Mason Pearsonです。英国職人の手作りで「ブラシのロールスロイス」と言われていて、プロとかモデルとかにご愛用されているみたいです…が、ちょっと悩んでいるのが、工具とかだといい鋼材を使っていたり面接触だったり、硬度と靭性が絶妙なバランスで…とか、わかりやすいんですが、これはちょっとわかりにくい…最高級の猪毛を使っているのと、職人が手作業っていうのがポイントなのか?その辺がスペックオタクとしてはモヤモヤします…
 …とはいえ一生物らしいので、一回プレゼントしておけば、ブラシはこれを一生使えそうだし、僕が死んだ後もブラシを見るたびに優しいパパを思い出して涙する娘の姿が妄想されます…クリスマスプレゼントとしてはバッチシだと鼻息も荒くなったのですが、どうやらコレってお風呂上りとかの濡れた髪には使えないみたいです。乾いた時専用みたいです…なんか娘ちゃんの雑?なライフスタイルとはあわないような気がしまくもないです…というわけで、お値段もお値段だし、とりあえず保留としました…が伝統ある一品みたいだし、伝説の剣みたいで気になってしょうがないです…

グルーヴィジョンズの道具大全

グルーヴィジョンズの道具大全

 この手の誰かが道具を紹介する本って大好きなんですよ。古くはバックパッキング教書とか遊歩大全のような名書から、最近のもろもろまで、ほんと好きです。これも「買っちゃダメだ!絶対ダメだ!!」大阪で言う所の「あかんやつ」だと思いつつも結局買ってしまいました…
 この手の本って、もちろん「物」に興味があって買うわけで、もうちょっと言うと、物を通じて未知の世界を知るっていうか想像するのが醍醐味なわけです…が、21世紀の今となっては、真に新しいものとか元祖とかド定番っていう概念は崩壊とまでは言わないけれども、ぼやっとしてきていて、日々工夫をこらした新製品が出るが故にコレは素晴らしいけど、いずれアップデートされるでしょー的な、ちょっとモノに対して冷めたっていうか距離を置き始めたっていうか、違うところを目指そうとか思わなくもない今日この頃だったんですが、なんかこう新しい世界観を提示されたように思います…
…というのは、セレクトが独特なんですよ。「これを選ぶ俺ってかっこいいでしょ?」的なよくありがちな事は全くなくて、最高スペックのもの紹介でもないし、エッジなものかというとそうでもないし、デザイン的に抜群かっていうと、そんなにそうでもないかな?みたいな…でも、魅力的なものばかりだし、全体に一本スジが通っていて、読んでいてなんか新鮮な気分になる素敵な本です。

skout NATURAL : Organic Chocolate + Peanut Butter Trailbar

 近所のマクロビオティックのお店に置いてあって、おやっ?と思って買ってみたら、おいしかったです。エサ感がなくて、ほんとウマイです。砂糖不使用って事なんですが甘みもありました??山に行く時ってコンビニ食っていうか、実は不健康なものを食べる事が多いよなぁ…って思ってたんで、ありがたいです。

Lindt : Strawberry

 リンツのストロベリークリーム入りチョコでおいしかったです。この手の海外製のフルーツ系チョコって悶絶するくらいまずいっていうか口にあわない事も多いので、これはそういう事はなくて嬉しかったです。
 あまりにも暑くて頭がどうにかなっていたらしく、真夏にチョコレートを買ってしまったのですが、ここ2、3日の涼しい日に食べたらおいしくいただけました。