スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

 子どもたちとスターウォーズ大会です。4→5→6→1→2→3ときて、また、4→5って感じで、フォースの覚醒に備えて、準備はバッチリです。現役世代の僕としては、4、5、6があって、あくまでも昔の話としての1、2、3って感じなんですが、子どもたちの認識としては、順番通りに素直に受けとめている感じで、ちょっと興味深かったです。「4ではダースベーダーに上司がいておかしいと思ったけど、5では出世した。」というのが娘(中3)の指摘で、僕にはそんな認識は全くなかったです。新旧のつながりでいうと、確かにそうだねぇ…っていうのがヨーダで、僕は、1、2、3のヨーダに違和感があったんですが、子どもたちにとっては、そっちがベースなので、ルークを相手にふざけるヨーダを見て、「ヨーダ…どうしちゃったんだろう…」っていうのが、子どもたちの感想でした…やはり孤独というのは人を変えてしまうのでしょうか?

 AT-ATが崩れ落ちるシーンで、息子が「今、CGだった!」と誇らしげに指摘していたんですが、隔世の感です。もう息子の脳内では特殊効果=CGって事だと思うんですが、CGどころか、合成もデジタルではなくオプティカルプリンターでやっていたっていうのが、今さらながらに驚きます…合成具合の調整とかって、どうしてたんでしょう?そんでもって、現在の目で見ても、カットが成立しないほどの違和感がないところが、凄いです。技術的にも革新的な映画だったんだなぁって事を改めて感じました。もちろん息子には「CGではなくストップモーションと光学合成だよーん!」と鬼の首をとったように教えてあげたら、ムッとしていました…こういう姿勢が新しいファンに不愉快な思いをさせるんだなと気づき反省しました…

 今回の帝国の逆襲鑑賞会で、子どもたちに人気っていうか注目されたのがレイア姫です。そんなに気にしていなかったんですが、やたらとキスするんですよ。何かあればキス。スキあればキス。もうレイア姫が出てくると、キス?って感じで、「また、やってるよー」って感じで、思春期の子どもたちには、なかなか衝撃的だったみたいで、息子(小6)による「レイア姫はチューバッカ」という名言が生まれました。SFにロマンスは鬼門っていうか、上手く扱わないと全体にベッタリしてしまう劇薬だと思うんですが、その辺もルーカスは果敢に攻め、ロマンチックな冒険活劇として成功したんだと思います。ロマンチックに気持ちがアガると、シリアスな対決シーンが、よりいっそうグッと引き立つわけです。

 帝国の逆襲といえば、ヨーダのシーンが、ほんと大好きなんですけど、今回はキス騒動の余波で集中できなかったんですが、今回、新しい発見としては、ルークはいきなり強敵とライトセーバーで対決したんだなぁ…って事がわかった事です。明らかに格が上の相手と、フォースの入門者っていうか、覚えたばっかのルークが戦う…だいぶビビると思うんですよ…負ければ死ぬわけですから…子どもの頃は、なぜかその辺がわからなかったんですが、「キス!キス!!」うるさかった子どもたちが、ガクガクブルブルとふるえながら見ているのを見たら、急にわかった感じです…赤と青のライティングがまた、ヤバイんですよね。

 そんでもって帝国の逆襲って、映画史上最大のヒキで終わるわけです…そして、余韻が素晴らしいんです。音楽が素敵なせいもあり、なんとなく「風とともに去りぬ」とか往年の名作的な「映画を見たなー」っていう感慨があって、ルーカスがその辺を知りつくして、そして演出として選択した上で作ったんだろうなぁって思います。後味を味わいつつも、おかわりしたくなる感じが天才的で、もう、次を見ないわけにはいかないわけです。ジェダイの復讐じゃなかった、ジェダイの帰還が楽しみです。そしてフォースの覚醒はどうなるんだろう?っていう期待でワクワクです。