スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

 フォースの覚醒を目前にしてはじまった我が家のスターウォーズ鑑賞会もとうとうラストのジェダイの帰還です!…が、ジェダイの帰還ってテーマがテーマなだけに重い…若い頃はあまり気にならなかったんですが重い…ヨーダが…ダースベーダーが…ろくな事がありません…ほんと、ルークって立派だなぁって思いました。僕だったら速攻ダークサイドですね。息子いわく「ダークサイドに落ちたふりをして、そこから反撃すればいいんじゃない?」ってことだったんですが、そういうトンチもなくひたすら真っ直ぐなところが、立派なんですよ。

 話もですね、4、5は色々ありつつもC-3POがお笑い担当で大活躍だったんですが、6はシリアス成分が強いように思いました。もしかしたらこの頃からルーカス的に新三部作的?な気分になっていたのかもしれません…4、5は子どもたちもゲラゲラ笑いながら見てたんですが、6はおとなしく見ていました。

 そういう中、ハンソロが今回は大人気でした。「勝手だねー」「バカだねー」「気分屋さんだねー」って感じで家族中の批判をあびつつも、今回は大注目でした。ルークがバカみたいにマジメで立派なだけに、屋台でクダまいているオッサンのように、「細かいことはいいんだよぅー」って感じが、人生の別の側面を教えてくれているように思いました。

 あと6で特筆すべきなのは、イウォークですね。若い頃は「なんでこんな小熊が出てくんだよっ!」って感じだったんですが、大人になって色々な機微がわかるようになると、皇帝のあたりとかほんとキツくて、イウォークの楽しいシーンがないと、プレッシャーにおしつぶされてしまったと思います…ほんと、あのクマちゃんが出てちょうどバランスがとれるくらい、6は重いです…

 それと今回いきなりハッと気がついたんですけれども、レイア姫ってお姫様なのに異常に戦闘力が強くてご都合主義だなー射撃の腕も良すぎるよなーって思ってたんですが、よくよく考えてみると、レイアもミディクロリアン値が高い血統なんですよね…フォースの覚醒が公開されるというだけで、今までのシリーズの見方もちょっと変わってきました。レイアはどうなるんでしょう?この後、修行とかしたんでしょうか?ルークもほんと歴史を変えるような超人的な活躍をしたわけですが、その後どうなったんでしょう?ジェダイの帰還でメデタシメデタシだったので、あまり考えてなかったんですが、フォースの覚醒を前にして急に気になってきました。なんていうでしょうね、スターウォーズって一回自分の中では完結していたので、公開を目前にして期待もさることながら、「なんだかイヤな予感がする…」っていうか妙な不安感でいっぱいな今日この頃です…