オシャレ魔女ラブ&ベリー

オシャレ魔女ラブ&ベリー
 いわゆる、ムシキングの女の子版です。最近は子供子供子供な感じです。子供と遊んでも、あんまりお金もかからないし、、、カードをスキャンして、オシャレして、ダンスで勝負ってゲームなのですが、カードがないうちは、服はオシャレでも靴はスリッパ?だったりして、資本主義の歪みを感じなくもないゲームです。。。
 プレーヤーが自身のなかに経験値を獲得するのが、昔のアーケードゲーム。経験値をパラメーターとして、保存するのが、ファミコン以降のゲーム。経験値をカードとして、金で買うのが、ラブ&ベリーなどのカードゲーム、、、っていう気がします。何となくサビシイような気もしますが、お母さん的には「ゲームだけで終わるより、カードも、もらえていいじゃない。」ってな感じみたいだし、家庭用ゲーム期への対抗手段として画期的なので、このゲームシステムを考えた人はゲームセンター逆境の中の救世主だなぁって思います。