Mijk Van Dijk : Glow

 マイク・ヴァン・ダイクはスーパーポジティブな曲をガンガン出してたんで、初めてこのアルバムを聞いた時、「ん?地味だな??」って思いました。単純な4つ打ちの曲も少なかったですし、、、
 でも、ヒマになって聞き返してみると、凄く完成度が高いです。音がマイク・ヴァン・ダイクです。丁寧につくってます。こういうのを落ち着いて聞けないほど、当時はクラブに行ってたんだろうなぁって感慨深いです。
(1997、Superstition)