Traktor Pro : iTunesとの連携

 Traktor Proをインストール→アクティベート→Setup Wizard→オーディオの設定までうまくいったので、次はiTunesとの連携です!

 NIのロゴの左にある歯車みたいなのがプリファレンスのアイコンです。

 左側のData Locationを選びます。iTunes Music Libraryをクリックし…

 iTunesフォルダにある、iTunes Music Library.xmlを選択します。(もしかしたらデフォルトで選ばれているかもしれません…)ちなみにiTunes Music Libraryを元に他のプログラムとの連携用に生成されるのがiTunes Music Library.xmlみたいです。

 Music FoldersのほうはiTunesの”iTunes Media”フォルダの場所をいじっていない場合はたぶんそのままでいいと思うんですが、僕は以前外部ハードディスクを使用していたなごりで設定をいじっているので、音楽ファイルの入っているフォルダを選択しました。

 ブラウザの左側の[iTunes]をクリックするとiTunesと同じプレイリストが出てきます!Traktor2はmp3のメタデータを読んでいたようだったんですが、Traktor ProはiTunesのライブラリ情報を読み込んでいるみたいです。
 僕はiTunesにmp3ではなく非圧縮のAIFFで曲を入れているので、以前はTraktorにインポートすると曲名のところにはファイル名が出て、それ以外のところには何も出なくてトホホ…だったんですが、Traktor Proになったらアーティスト、アルバム、iTunesへの追加日、iTunes上で自分で編集したジャンルも当然のように出てきて最高です!!非圧縮派としては嬉しい限りです!!!!