HOLUX : m-241 : Speed & Altitude

 HOLUXのm-241はGPSロガーなんですが、単体で使っても結構楽しいんです!フィルムケースくらいの大きさなので持ち運びもそんなに苦にならないですし…っていうかこの黄色い物体を持って歩くのが楽しくてしょうがないです。
 写真はm-241のSpeed & Altitudeモードです。GPSを利用して、移動速度と標高を知る事ができます。これは東北新幹線の下りに乗っている時なんですが、速度が253km/hで方向がNになってます。そして標高が78mになっています。
 速度がわかったからどうしたっ?って気がしなくもないんですが、0kmから速度が上がっていく様を見るのは面白いです。新幹線だと「アレ?速度が下がったな〜」→次の駅のアナウンスってな事もあって楽しかったです。ちなみに速度は徒歩とか自転車でも計る事ができるんです。自転車は大昔…小学生の頃にスピードメーターをつけるのが流行って、わざわざ自転車屋さんでホイールにパーツを取り付けてもらってメーターをつけて、下りの最高スピードなんかを見てドキドキしたので、なにかしらスピードを知りたい欲求が人間(というか僕)にはあるのかもしれません…
 高度のほうもですね、登山リフトにのったりとか、自分の足で山に登ったりとか、高度が上がっていくのを見るのはワクワクします。まともな用途としては、登山の時ってコンパスと地図だけだと訓練っていうか慣れていないと現在地の把握って難しい部分があると思うんですが、高度がわかると、わりとビシッと現在位置がわかると思います。特にも一本道の登山コースを登る時なんかは役にたつと思います。昔は気圧を使うタイプの高価な高度計が使われていたくらいなので、高度がわかるって事は結構役にたつんだと思います。
 まぁ、とはいえこういうGPS関係の機器はアレですね…真剣に使っている方や必要のある方には申し訳ないんですが、仮面ライダーの変身ベルト同様、僕にとっては「なりきりオモチャ」ですね。人工衛星を利用して位置情報がわかるなんて、自分がアクション映画のヒーローになった気分です!初期の007の装備より明らかに凄いわけで、まさにQもビックリだなぁ…と、感慨にふけってしまいます。あと、GPSって動作原理をイメージすると「自分は地球の上にいるんだっ!」っていう妙な感慨が得られるところがロマンです。