Traktor Pro : Delay

 Traktor Proのエフェクトのディレイがムチャクチャ使えます!デフォルトでFX1がディレイになっているだけあります。曲の最後で使うと、気持ちよくミックスできます。特にもトランスとかプログレッシブとか、曲の広がっている曲との相性がバッチリです。ぶっ飛び感が続く感じで気持ちいいです。
 緊急脱出装置としてもだいぶ使えて、ミックスしてて、「あ、ヤバイ!なんかつながらない!」って時もディレイで曲の最後を飛ばす→フリーズで、結構何とかなっちゃう感じです。さすがのTraktorも拍の表裏までは面倒見てくれないんですが、間違って裏で入っちゃった時なんかはループも併用すると効果絶大です。これに頼りっきりなのはどうかと思うんですが、「前の曲がこうで、次の曲がこうだから16小節前から前の曲を出して…」的な慎重さから解放される感じではあります。

 エフェクトを使う際は、まずはデッキの隣のFXをオンです。(これはエフェクトに対するセンドっていうよりはエフェクトの結果がアウトするかをコントロールしています。なのでディレイ途中でオフにするとディレイ音がブチッと切れちゃいます…)

 エフェクトのほうもオンです。こっちのほうがミキサーにおけるエフェクトのセンドな感じです。一瞬オンにするとその際にディレイに入った音を飛ばしてくれます。
 RATEのデフォルトは3/16…すなわち付点八分音符です。ダブですね…効果最大なパラメーターがデフォルトで採用されていてさすがだと思います。大昔はテンポを計る→電卓でディレイタイムが何msecか計算…なんて事をしていた事もあったので、Traktorはテンポ検出からエフェクトまでシームレスに統合されていて素晴らしいと思います。

 [FRZ]がフリーズですね。ディレイのバッファに入っている音をループします。ディレイで音を飛ばしてラスト!!!!っていうのもよくある技ですが、簡単にできてしまいます!恐るべしTraktor!!