FLICKY

 SEGAの1984年のゲームです。こんなかわいいのも作っていたんですね〜!罪の無い感じの小鳥たちがファンシー感炸裂です。音楽もバッチリです。初期のゲームって、ファンシーっていうかお子ちゃまな感じのグラフィックが結構あったのが不思議と言えば不思議です。実際ゲームが置かれるのは薄暗いゲームセンターだったわけですが、デパートの屋上とか、元々のエレメカからの流れの子供向けな感じだったのかなぁ…?

 タイトル画面です。ほのぼのです。

 小鳥っていうかヒヨコ(ピヨピヨ)を家に連れ帰るゲームです。猫(ニャンニャン)が敵キャラです。

 ヒヨコをたくさん引き連れて飛ぶと、やってて楽しくなってきます。やたら滑るっていうかマリオの倍くらいな感じで慣性が効いてて、最初は操作しにくいんですが慣れるとハマるし、ゲームバランスとして全く破綻なく楽しめます。昔の名作ゲームってその辺が良くできていたなぁ〜って思います。