PAC-LAND (パックランド)

 ナムコの1984年のアーケードゲームです。なんとパックマンに足がはえて、飛んだりはねたり走ったりします!初代パックマン→MIDWAYが勝手に家族をつくる→ハンナ・バーバラのアニメ→パックランドっていう流れでしょうか…?勝手につくられた設定から、ここまでつくりあげるとは、さすがナムコ!って感じです。僕は残念ながら現役では遊んでいません…

 パックマンから全くの異世界が作り上げられています!初期のアドベンチャーゲームみたいなベタ塗り感が素敵です。音楽はアニメの曲が使われていて楽しい感じです。

 え?!そんなに!っていうくらいジャンプできます。

 レバーを使わないで、ボタンの連打でダッシュという独特の操作感です。僕はゲームは下手なんで、何かうまくいかないなぁ〜って感じだったんですが、この池をカール・ルイスの空中遊泳ばりにジャンプできた時の爽快感は凄かったです…

 帰りはなんと逆方向の左にスクロールなんです!魔法の靴をはいているんで、空中でもジャンプできて、ご褒美ステージな感じです。曲もゆっくりにアレンジされているのが素晴らしいです。

 パックマンの奥さんに子供にペットたち…ほのぼのしているなぁ〜

http://flyers.arcade-museum.com/?page=thumbs&db=videodb&id=3838

 当時のフライヤーというかインストパネルを見ると、ボタンが3つ並んでいて、左から…
[ジャンプ]  [左] [右]
…ってなっています。一般的だったレバーを使わないでボタンの連打でスピードをコントロールできる操作体系になっていて、画期的かつ意欲的なゲームだったんだなぁ〜って思います。