ハリー・ポッターと死の秘宝PART1&PART2

 ハリー・ポッターと死の秘宝PART1とPART2を一気に見ました。PART1だけ見るのはガマンできそうになかったので、DVDで一気に見たわけです。実はハリー・ポッターって娘が本のほうを大好きで、僕はそんなに好きではないんだけれども、おつきあいで見ていたって感じだったんですが、10年間にもわたって見たわけで、やはり終わりは感慨深いです。

 まぁ、とにかくハーマイオニーなわけです。

 面倒見が良く、強く、頼りになって美しい理想の女性ですね…

 なんとなくブレードランナーっぽいカットです。

 なんとなくスタンドバイミー的なカットです。

 億万長者になったらハーマイオニーを主人公にしてリメイクしたいです…

「吟遊詩人ビードルの物語」が面白かったっていうか、妙にひかれました…

 ハリー・ポッターって見始めたころは、僕もまだ若かったので、ハリー=自分って感じで感情移入しようとするわりには、ハリーってちょっとアレなので…って感じだったんですけど、息子の成長とともに、ハリー=息子って視点で見ると急にぐっとくるものがありました。まぁ、強さの階層構造がちょっと、ムムム?だったり、やっぱり本ありきで作っているんだなぁっていうのが映像マニアっていうか、まぁ、なんだろう未知の映像を見たい!って欲求は満たしてはくれないんですが、自分の子どもの成長と重ねると感慨深いです。