Illuminations

 僕がゴア・トランスを本格的に聞きはじめて、パーティーとかに行くようになったのは、たぶん、1997年くらいだと思います。完璧にアンダーグラウンドだったのから、ぐわっと世に出つつも、まだ、本来のいい感じが残っていた頃だと思います。
 その頃は曲も素朴で、テクノ的な見地で聞くと、なんか適当だなぁ、、、ってところもあったんですが、だんだん曲も緻密に、テクノっぽくなり、うわぁ!最高だなぁって思うと同時に初期のエッセンスが、ちょっと失われ、同時にパーティーもちょっと、なんだかなぁ〜って感じになって、それでも修行だ!って感じで行きつつも、やっぱり最初の頃よりは楽しくないなぁ、、、
 、、、ってな感じで、サイケデリックも一時期のムーブメントだったんだなぁ、、、と、感慨にふけっていたのですが、これを聞いたら、まだまだ進化の途上にあるんだ!がんばっている人たちは頑張っているし!!全然、終わっていない!!!!って思いました。
 Orb vs. YouthのAppletree In My Backyard (Abakus Remix)が、文句なく素晴らしいです。ゴア的な侘び寂びのある、パーティーでかかったら100%泣いてしまう名曲だと思います。
(2006、Liquid Sound Design)

System7 : Mysterious Traveller

 システム7名義なのにデリック・メイの曲が入っている不思議なCDです。Icon (Montage Mix)が、どんなものか聞きたくて買ったのですが、コンピのCosmic Soulに入っているのと、あまり変わりないような???リズムがちょっと強いのですが、ミックスというよりはマスタリングの差のような。。。
 日本盤に入っている、Listen (Thrash’s Mix)が何気に良かったです。こんな感じの、激しからず、極端に曲がらず、無理矢理あげてこない、いい感じの名曲が流れるゴアトランスの、いいパーティーに、死ぬまでに、もう一度でいいから行きたいなぁと思う今日この頃です。
(2002、Beat Records)

Juno Reactor : Pistolero

 リリース前に、マイクがあるパーティーの朝方にかけた時、なんてくだらないんだ、、、と、脱力してしまった曲でした。とはいえ、大げさな感じがジュノーリアクターっぽいです。スパニッシュなんだか西部劇なんだかよくわからないギターが独特な世界にとばしてくれます。。。
(1999、Blue Room)