Dimitri From Paris : Disco Forever

 Dimitri From Parisによるミックスと、アンミックスの3枚組という、ミックスを聞いてよし、気に入った曲だけ聞いてもよしという、僕の理想の構成のコンピです。 Dimitri From Parisらしい、あまり重くなく、ラウンジ感のある、かわいい素敵なトラックがびしっと入っていていいです。ディスコものって意外と暗い感じのものが多かったりするのですが、これは明るい感じでいいです。
(2000、BBE)

Bernie Krause : Citadels Of Mystery

 1曲聞き→つながないDJ→デヴィッド・マンキューソ、、、って感じで、ロフト・クラシックスというものに興味を持つ、今日この頃、ロフト・クラシックスのひとつ、OrbのLittle Fluffy Clouds (Cumulonimbus Mix)も、やっぱりいいなぁ、、、って感じで聞いたりして、その流れで、デヴィッド・マンキューソおすすめの、これを聞いてみました。
 エスニックっていうか、ペルーっていうか、ラウンジっていうか、そんな感じです。アンビエントだと、ディープすぎて逆に疲れちゃうような時にいいです。結構何回も聞いてしまいます。生楽器が心地よいです。
(2004、Takoma)
(レコードは1979年)

Om:10 A Decade Of Future Music

 OMのコンピです。1枚目がミックス、2、3枚目がミックスされていないコンピです。僕的にはカフェ・デル・マー的な流れで聞いているのですが、あれみたくMDMAな感じじゃなく、自然な感じなので、気がついたら、ぐーっと聞き込んでたって感じではなく、ほんとにリラックスして聞けるところがいいです。
 普通に好きな人には普通に、アンビエント聞きすぎで、アンビエントを聞くと逆に疲れちゃうような人にも、おすすめです。
(2006、OM)

Gilles Peterson Digs America 2

 ネットで検索してCDを買うのも何か疲れた、、、ってなわけで、ほんとに久しぶりにお店で買う事にしました。盛岡にはJazzy Sportっていう、なかなか素敵なレコード屋がありまして、そこで買いました。ジャジーって言うくらいなので、テクノではなくジャズとかR&B とかヒップホップとかが置いてます、たぶん。テクノ以外だと全然わからないんですよ、ジャンルすら、、、
 、、、全部良くも見えるし、全部ダメにも見える、、、全然わからない、、、というわけで、子供達と家内が中津川のサケの川のぼりを見ている間、、、1時間以上悩んでこれを買いました。結果としては良かったです。悩みに悩んで、だれだ?このオッサン??ジャイルズ・ピーターソンって誰だ????ってな感じだったのですが、この方を聞いてDJをはじめちゃうくらいの人がいるくらいの大物だったみたいです。
 テクノと違って、深夜じゃない夜とか、お酒にもバッチリあうし、家族と聞いてもジャマにならない感じです。たまにはお店で買うのもいいなぁって思いました。
(2007、Luv N’ Haight)