Reload : A Collection Of Short Stories

 いよいよ冬です。ゴア系とかシャーマニック系ではなくテクノ系のアンビエントが聞きたくなる季節です。Global Communicationを追いかけていたら、Global CommunicationのTom MiddletonとMark PritchardがReloadっていうユニットもやっている事を知って買ってみました。
 予想にたがわぬ素晴らしさでした。Infonetからのリリースという事もあるのかデトロイトっぽいところもあるのですが、くどくならずに絶妙のバランスです。Peschi、Ahn、Ehn、Le Soleil Et La Mer、The Enlightenmentがメロディが美しくアレンジも抑制が効いた感じでお気に入りです。理知的で内省的な感じです。ドラムンベースっぽいリズムって得意じゃないのですが、Event Horizonは引き込まれてしまいました。
(1993、Infonet)

The Orb : Okie Dokie It’s The Orb On Kompakt Disco

 やっと、ほんとに、やっと買いました。ほんとにOrbのファンなのかい?って感じですね…買ってみたら良かったです。Kompaktな感じです。 Thomas Fehlmann的な透明感がベースになってます。地味は地味なんですが、ハイハットの切れるタイミングとかのリズムのつくりこみが、やっぱり凄いです。
(2005、Kompakt)

Illuminations

 僕がゴア・トランスを本格的に聞きはじめて、パーティーとかに行くようになったのは、たぶん、1997年くらいだと思います。完璧にアンダーグラウンドだったのから、ぐわっと世に出つつも、まだ、本来のいい感じが残っていた頃だと思います。
 その頃は曲も素朴で、テクノ的な見地で聞くと、なんか適当だなぁ、、、ってところもあったんですが、だんだん曲も緻密に、テクノっぽくなり、うわぁ!最高だなぁって思うと同時に初期のエッセンスが、ちょっと失われ、同時にパーティーもちょっと、なんだかなぁ〜って感じになって、それでも修行だ!って感じで行きつつも、やっぱり最初の頃よりは楽しくないなぁ、、、
 、、、ってな感じで、サイケデリックも一時期のムーブメントだったんだなぁ、、、と、感慨にふけっていたのですが、これを聞いたら、まだまだ進化の途上にあるんだ!がんばっている人たちは頑張っているし!!全然、終わっていない!!!!って思いました。
 Orb vs. YouthのAppletree In My Backyard (Abakus Remix)が、文句なく素晴らしいです。ゴア的な侘び寂びのある、パーティーでかかったら100%泣いてしまう名曲だと思います。
(2006、Liquid Sound Design)

Global Communication : Remotion

 これは、素晴らしいです!!あれ?当時なんで、買ってなかったんだろう??って感じです。Remixとかに記事は出てなかったのかなぁ?WAVEとかCISCOで普通に売っていたはずではあるんですが、、、買いのがしていたなんて迂闊でした、、、
 アンビエントにも色々ありますが、これは、だいぶ音楽的かつ西洋的?で聞きやすい感じです。「俺は誰だ?どこから来て、どこへ行くんだ??」っていうタイプじゃなくて、安心して安住の地に身をまかせられる感じです。どの曲も美しいです。76:14と比べ抽象度が減った感じで、わかりやすいんですが、そうするとべたっとした安っぽい感じになっちゃったりする事も多いんですが、そういう事もなく絶妙に素晴らしいです。冬向きな感じなんで、毎日聞いています。
(1996、Dedicated)