Sven Väth : L’esperanza

 ほんと久しぶりにCDを買いました。L’esperanza (Hope Will Move Mountains Mix)を聞きたかったんです。やっぱりジャーマントランスはいいなぁ!!!!Visions Of Shivaのリミックスが素晴らしいです。懐かしいのはもちろんなんですけれども、そろそろこういうのをうまく使えばレアグルーブ?な感じの面白いミックスができるのかも?って思う今日この頃。
 L’esperanza (Double Mix Featuring Patricia)もオリジナルほどズブズブじゃないとこがなかなかです。まぁ、どうでもいいんですがSvenが着ている「無秩序」ってTシャツを友達が着ていて凄くうらやましかったのもいい思い出です。
 90年代は何も考えずに通り過ぎてしまったわけですが、振り返ってみると最高で、2010年代も現役の皆さんにとって、そういう時代になるといいなぁっていうか、そういう何かが今どこかにはあると思うんだけど、なんだろう?
(1993、Eye Q)

Anthony Collins : Reeves

 100人中100人が好きになるであろう、もしくはそうであってほしい、ほんとに美しい曲です。美しいボイスがずーっと続くんですが、処理が絶妙で、うるさい感じにはならず控えめなのに説得力がある感じです。
 この曲をSVEN VÄTH IN THE MIX The Sound Of The Ninth Seasonに入っていたので知ったわけですが、「トランス」のほんとに重要な部分を継承している名曲だと思います。「そういえばテクノってただの音楽じゃなかったんだ!」って久々に思い出させてくれます。
 Curle 25: So Far (So Good)ってコンピに収録されたのをBeatportで購入したわけですが、ジャケっていうかアートワークがちょっと好みじゃない感じなんですが、なんだろう?
(2008、Curle Recordings)