iPhoneバカ

 この手の本を買うのって、なんかかっこ悪いなぁ…とか、思いつつも、マックが白かった頃のノリが意外と通用しない今日この頃…まぁ、何か買ってみますかって事で「バカ」ってついていて面白そうだったので、これにしてみたら意外とマジメな内容で普通に仕事に役にたちました。メデタシメデタシ。

Evernote

 「エバーノートで脳を拡張!」、「外部脳」、「補助脳」等々、絶賛中のエバーノートを今さらながら使ってみました。

 ちょっと腰が重かった理由としては、Tigerに対応してなかったからなんです…が、エバーノートのWEBサイトのページの右上に小さくある[サインイン]でWEB上からも使用できたんですね…よく調べればよかったです…

 あと、あれですね、どうしてもクラウド不信ってほどではないんですが、クラウド関連って不安感があるんです…自分のデータを他所様に管理していただいていいのか?自分ですべきではないのか?みたいな…ただ、自分のハードディスクがパーになる可能性とクラウドサービスしているところのシステムがダメになる可能性はどっちが高いのかな?って考えると、なんとなくクラウドのほうが安心のような…とはいえ、メールは今はgmailを使っていて、gmailも最初は気持ち悪かったんですが、慣れたら平気になったので、もしかしたら僕がただのビビリ屋さんなのかもしれません…

 …というわけで最初に確認したのがiPhone版とiPad版のデータのありかです。
1.データは常にローカルにあって、サーバーと同期
2.データはサーバーのみに存在
この、どっちかなぁ?っていうのが最大の感心点だったんですが、データはサーバーのみに存在という見事なまでのクラウドぶりでした…
 iPhone版だと[お気に入り]にするとローカルにデータが残るので、オフラインで見たいデータは、お気に入りにする感じですね。僕はとりあえずスタンダードを使っているんですがプレミアだとどうなるのかな?
 ちなみにMac版だと、ローカルにもデータは残るみたいで、オフラインでも使えるし、Evernoteがまるごとサービス停止!なんて最悪の自体になってもだいじょうぶですね。心配しすぎでした…

 かんじんの使いこなしなんですけれども、僕はPower BookとMacBook ProとiPadとiPhoneで使っているんですが、どれからも同じメモを見る事ができるのは、やはり便利ですね!ただ、あれですね、僕は今ヒマなんで、そこまでして管理しなっきゃならない情報がないんです…あとググればいいでしょ〜っていうのもあるし…ググれない情報の管理に役にたつのかなぁ?情報を受け身ではなくて、情報に対して攻める時に役に立つんだろうなぁ〜っては思いますし、そういう人に憧れちゃいます。

iPad

 iPadを買っての最大の変化はApp Storeで細かいソフトを買うようになった事かなぁ〜って思います。Macを買った場合って僕の場合は音楽系のソフトを数本入れてあとは、おしまい!って感じがでした。が…iPhoneもそうなんですが、iPadを買ってからは、それほど重要だったり欲しくはないんだけど100円みたいなソフトを買うようになりました。多くの人がそうだと思うんですが、そういう仕組みをつくったアップルは偉いなぁ〜って思います。
 iPad自体はアレですね…やっぱりそんなに衝撃はないっていうか…どっちかっていうとアップル・ニュートンの衝撃の方が強烈だったみたいな…でも、アップル・ニュートンは買わなかったけれどもiPadは買ったわけで、アップルのポータブル機器にしては安いってところは衝撃的です。同時にみんなが買えるものになったので、大昔みたいに、「使えない」高価なブツを購入する事によって魔法を手に入れる感覚は残念ながらないわけです…
 iPadはきっと旧来のスマートじゃない電話とかテレビとか、もっと言えば箸とかスプーンみたいな道具をアップル的には目指しているだろうし、そういう意味では買ったから特別に何ができますよ〜っていうより、買ってから使いこなす部分の比重が強くなっているんだなぁ〜って思います。大昔のMac、ましてやマイコンなんかと比べると普通に確実にできる事は増えたんだけれども、デタラメに凄い事をするには工夫が必要になってきたんだと思います。

GPSPhotoLinker & HOLUX m-241

 GPSロガーからGPSログを読み込み→写真にGPSデータをリンクしてくれるソフトです。ありがたい事にフリーです。

 僕はOS10.6.5なので、まずはGPSPhotoLinker 1.6.4 for Mac OS X 10.5 & 10.6をダウンロードしてインストールしました。

http://www.earlyinnovations.com/gpsphotolinker/

 まずはGPSロガーとMacとのBluetoothでのペアリングです。Macのシステム環境設定>Bluetoothを開きます。(僕はGPSロガーはHOLUXのm-241のファームV1.13を使っています。デフォルトでBluetoothはオンなのですが、SettingからONになっているか確認します。)

 [新しいデバイスを設定]で進みます。

 HOLUXが認識されるので、[続ける]で完了します。PINコードは0000で自動的に進んじゃいました。

 GPSPhotoLinkerを起動して、[Download]をクリックします。

GPSを[Holux]
Inputを[Holux_M-241-SPPSlave]
…を選択し、[Download]

 何かエラーがでちゃうんですが、[OK]で進みます。

 [Load Photos]で写真をロードして、[Batch save to photos]で写真にGPSデータがくっつきます。
 Linking Optionsは悩みどころですが、僕はLink to:[Nearest recorded point]にしました。(今回のログは30秒ごとに保存で、お店などに入ったらログをいったんストップにしたので、これがベストだと思います。)

 今回は平泉の泉そば屋に行ったんですが、
(ちなみにクリックして出てくる写真にGPSデータ埋め込み済です。)

 GPSPhotoLinkerの緑の地球のアイコンをクリックすると…

 バッチリ地図が開きます!!

http://maps.google.com/maps?q=38.988407+141.116714+(_DSC0015.JPG)&z=15

 今回はテスト用に場所のはっきりした有名店を使ったのですが、秘密のビーチとか砂漠の中の秘密基地とか、見知らぬ土地での宝探しとか…まぁ、普通に旅行とか、そんな時に使うと面白そうです。ちなみに今回の旅行でも移動中に撮影した何でもない風景の場所が後からわかると、ちょっと嬉しかったです。
 いつか地元の岩手のGPSデータつきの写真アーカイブを作ってみたいです。