PAC & PAL

 パックマンの続編のパック&パルです。エサもパワーエサもワープトンネルもなくなって、ひと味もふた味も違うゲームになっています。

 新キャラクターのミルが登場!こいつがカワイイんですが曲者です…

 トランプをめくる→扉が開く→フルーツを食べる…っていう流れなんですが、せっかく扉を開けてもミルがフルーツをモンスターのアジトに持っていってしまいます…フルーツの場合だと食べるのを省略できるんで手伝ってくれてるとも言えるんですが、ギャラクシアンのボス等のスペシャルアイテムを持っていかれると「何やってんだよ〜」って感じです…とはいえダメだけれども気はいい後輩みたいな感じで妙に愛着がわいてきます。

 パワーエサはなくて、そのかわりにスペシャルアイテムがあります。ギャラクシアンのボスだとトラクタービームでの攻撃が可能になります。無条件にモンスターを食べられるのと違って、使いこなしが難しいです…

 遊んでみると、MIDWAYがパックマンを微妙に改造して続編を作っていったのとは対照的に、ナムコは真摯にゲームシステムから考えていたんだなぁ〜っていうのが感じ取れます。スケジュールやクオリティーの予想がつかない一番面倒な部分を頑張っていたんだなぁって思うと熱いです。「模倣やオマージュやインスパイアや多少のパクリでもしょうがないよね〜」…っていうんではなく「オリジナルを作るぜ!」っていうプライドがうかがえます。

SUPER PAC-MAN (スーパーパックマン)

 スーパーパックマン…ミズ・パックマンはMIDWAYが勝手につくっちゃいましたが、これはナムコ純正です!天才的なまでに完成されたパックマンに、これでもかっ!って感じで追加要素が盛り込まれています。パックマンの岩谷徹は開発に参加していたのでしょうか?
 1982年のアーケードゲームです。

 今度はエサではなくフルーツを食べます。パワーエサに加えて、スーパーエサが追加されています。そしてスロットも!迷路には扉が設置されて鍵を食べないと開かなくなりました…自分でつくった袋小路にはまったりするとガクリです…

 スーパーエサを食べるとパックマンが巨大化!そしてボタンを押すとスピードアップです!!パワーエサと一緒に使ってモンスターを一気に掃討すると壮快です!!!!が、コントロールも難しくなるという諸刃の剣ではあります…

 巨大なパックマンが斜め上…モンスターの目がかわいいです。コーヒーブレイクもネタ出し会議の様子が浮かぶような楽しいものになってます!

 巨大なモンスター!

 モンスターに挟まれるぅ〜

 モンスターの頭上に巨大なパックマン!

 モンスターの大群!

 パックマン軍団の逆襲!

 現役の頃にやった記憶があんまりはっきりしていないです…もしかしたら当時よくあったコピーとか改造ものと勘違いしていたかもしれないです…とはいえ、初代パックマンのミニマムな美しさとは別の、子どもの妄想がそのままゲームになったみたいな楽しさがあります。パワーエサとスーパーエサの食べ時を考えながら遊ぶとハマります。

Ms. Pac-Man

 パックマンにリボンをつけてミズ・パックマン…なんて適当なんだ…いかにもコピーだなぁ…って思っていたんですけれども意外と面白いです。アメリカではパックマンを凌ぐヒットとの事で、パックマンってアメリカで愛されていたんだなぁ〜って思います。
 二人の若者がパックマンを勝手に改造→MIDWAYに売り込み→MIDWAYがナムコに事後承諾をもらう…って感じですよね?確か…
 1981年のMIDWAYのアーケードゲームです。

 改造感炸裂です!迷路が違います…何パターンかあります。なんとフルーツが動き回ります!音とか動作が意外と軽快な感じに仕上げられています。色も変…ですが、こっちのほうがアメリカ人好みなのでしょうか?

 パックマンとつきあっちゃいますよっ!

 そしてコウノトリが…もう二次創作っていうか、勝手に続編ぶりが凄いです…

http://flyers.arcade-museum.com/?page=thumbs&db=videodb&id=707

 フライヤーも凄いな!毛皮とか着てるし…

http://www.etsy.com/listing/7576265/ms-pac-man-bobby-pins

 ヘアピンはカワイイですね。

なんとWEB上で遊べるのをみつけました。凄いな…
http://www.1980-games.com/us/old-games/java-games/mspacman.php

エミュレータ研究室 アーケード

 MAMEサポートゲームカタログ(0.115u3版)が素晴らしいです。輝かしいアーケードゲームの歴史を確認できます。もちろん変なゲームもたくさんなんですけれども、そこも含めて黎明期の混乱と勢いが感じられます。ゲームをやらずにカタログを見るだけで楽しい気分になってきます。
 薄暗いゲームセンターの中でギラギラと輝くテーブル筐体を見ながら、どのゲームにしようかなぁ〜ってドキドキした感覚がよみがえります。何度も読んでバラバラになってしまったので、もう一冊買おうかな…

 貴重な当時の写真なんかも、息抜きな感じで入っていて楽しめます。とっておきのデートでゲームをしたりしてたんですね〜
 日本国内ではこんな風景はなかったとはいえ、アーケードゲームが特別だったことにかわりはありません!ファミコンなんかの家庭用ゲーム機のおかげで、家でゲームをできるようになったのは嬉しいんですが、ゲームセンターで遊ぶのは格別だったなぁ…