Battle Chess (アミーガ版)

Battle Chess (アミーガ版)
 チェスなんですけど、駒をとる時にアニメーションがあって面白いんです。アミーガのゲームの名作だと思います。アニメーションを見たいがためだけにムチャをやったりしたものです。僕はX68000に移植されたので昔遊びました。エミュレーターだと、ちょっと色が浅いような気がします。おそらく実機だと色がもっとバキっと出るのではないかと思います。アミーガはとにかく色が凄かったですので、、、ちなみに写真はルークがビショップにゴチーンと一発かますところです。ルークは普段は城なんですが、移動時と攻撃時に岩人間に変身するのです。
(1988、InterPlay)

Amiga : メガデモ : Speedballs : 9fingers : 指

Amiga : メガデモ : Speedballs : 9fingers : 指
 途中、意味もなく、指折り数えるシーンがインサートされます。意味不明なんですが、かっこいいです。勝手に何か意味をみつけようとしてしまいます。かっこいい冥利につきる、かっこよさです。ほんとに、このメガデモは、衝撃的でかっこよかったです。こういうガチャガチャ動く系で、もしかしたら、これ以上衝撃を受けた映像は、残念ながら、この後なかったような気がしなくもないです。

Amiga : メガデモ : Speedballs : 9fingers : オープニング

Amiga : メガデモ : Speedballs : 9fingers : オープニング
 この、Speedballsというチームがつくったメガデモなんですが、ポリゴンが多用されてて、このオープニングも、この状態から曲にあわせて、顔がポリゴン化していきます。サターンのヴァーチャファイターを見る前なんで、うわー!すげー!!って驚きました。そんな凄いものがフロッピーディスクを入れて、ガチャガチャ読み込むと3分以上も繰り広げられるので、驚きました。