Reactivate6 : Trance Europa

 イギリスのREACTのReactivateの第六弾です。ここに来てがばっとトランス色が強くなりました。今までのテクノもいいけど、トランスっていいなぁ、、、こういうのが最高だなぁって移りゆくシーンの変化を素直に楽しめたいい時期でした。
 Rotterdam Termination Sourceのバカだけど楽しい「Poing」、、、ビョンビョンビョンって曲で、みんなで楽しく飛び跳ねて踊ったもんです。Dance 2 Tranceの今聞くとちょっと照れる泣きの名作「Hello San Francisco」はちょっと大げさな感じもしますがいい曲です。昔はyellowも2時をすぎるとけっこうすいてたんで、いい感じの雰囲気の時によく K.U.D.Oさんがかけてました。
 あとはMagic Orchestraの「Beyond The B-Sides(CJ bolland mix)」がCJ Bolland節全開なんですが、ちょっと乱暴っていうかつくりが荒い感じでRave!!!!って感じです。
 なにげにジャケはデザイナーズ・リパブリックです。
(1992、React)

Source Experience : Different Journesy

Source Experience : Different Journesy

 「unknown territory」、「point zero」の最初の2曲でぐわーっとやられます。かっこよくて激しくて緻密です。レーベルのR&SのカラーなのかCJ Bolland的なかっこよさです。それプラスなんか不思議な感じっていうか空間処理がちょっとウェットっていうかサイケデリックなところがSource Experienceの魅力です。ゴアトランスみたいにエスニック音階とか派手なエフェクトはないんですけれども、確かにサイケデリックです。ゴアトランスを通過した今聞くと気持ちいいです。そしてわりとどうでもよくはありますが、CDケースが透明じゃなくてオレンジでCDケースにもプリントしてあってカッコイイです。

CJ Bolland : The 4th Sign

CJ Bolland : The 4th Sign

 CJ Bollandの、そしてベルギーのR&Sレコードの最高傑作がこのアルバムです。(だと思います、、、)ドスの効いた硬質なキック、独特なハイハット、そして鼻血が出そうなくらい興奮しつつもなんかクールっていうか知的な感じがするのがCJ Bollandです。「Mantra」、「Thrust」、「Spring Yard」あたりが僕は好きです。
 昔、R&Sナイトっていうのがリキッド・ルームであって、わくわくしてリキッド・ルームに行ったら、「CJ Bollandは体調不良で来日してません。すみません。」って張り紙があってガックシでした。。。そのかわり一回目のレインボーに行ったらわりと早い時間に回していて大迫力でした。

CJ Bolland : It Ain’t Gonna Be Me(CD2)

CJ Bolland : It Ain't Gonna Be Me

 CJ Bollandって凄く好きなんですが、ファーストアルバムの「The 4th Sign」以降なんかさえない、、、なんか全般に暗い感じです。あと全般にドラムン・ベースっていうかブレイクビーツを積極的にとりいれているんですが、僕は苦手なのでした。そんな中、このCDに入ってる「The Tingler」はCJ Bollandの王道をいってる感じでかっこよくて好きです。王様のアイデアなんかでティングラーっていう頭をマッサージするやつが売ってますけど、それの曲なのかな????