iPhoneバカ

 この手の本を買うのって、なんかかっこ悪いなぁ…とか、思いつつも、マックが白かった頃のノリが意外と通用しない今日この頃…まぁ、何か買ってみますかって事で「バカ」ってついていて面白そうだったので、これにしてみたら意外とマジメな内容で普通に仕事に役にたちました。メデタシメデタシ。

iPhone : WinterBoard : iGameboy

 iPhoneのゲームボーイなテーマです。正直ムチャクチャ使いにくいし、ちょっと変なんだけど気分転換と往事に思いをはせる用には、なかなかです。

 …っていうか、ゲームボーイを久しぶりに出してみたら、あまりにもデカくてビックリ!そして液晶のレトロ具合に愕然としました…僕らは確実に未来にむかっているんだなぁ〜とか思ったりしました…

PicasaとGPS

 Googleの写真共有アルバムなわけですが、これを使うとGPSデータつきで撮影した写真が、俄然面白くなります!

 言わずと知れたGoogleから、
http://www.google.co.jp/
Gmailのアカウントを作成!

 そしてアカウントができたら、

 [もっと見る]のところに[写真]が!そしてログインすると[プロフィールの作成]と出るので[Googleプロフィールを作成]をクリック!

 そしてiPhotoやMac用のアップローダもあるようなんですが、チマチマと[アップロード]からアップロードしてみます。[アップロード]をクリックすると、

 公開設定が出るので、気をつけて設定です。裸踊りの写真が[ウェブ上で一般公開]だと困りますから…

 とりあえずCASIOのEX-H20Gで撮影した初夏の石割桜をアップロードしてみました。咲いてる時はヨボヨボした感じなんですが夏に見ると意外と元気なんですね…って事はどうでも良くて、EX-H20GはGPS内蔵なんで自動的にExifにGPSのデータが入っちゃってるわけです。

 なんで、右下のほうを見ると…ジャジャーン!撮影場所が自動的に出ているわけです。[マップを表示]をクリックすると、

 写真が貼付けられた地図が出てくるわけです。楽しいなぁ〜昔、ほら、駅前なんかにボタンを押すと目的地が光る案内板があったじゃないですか?ああいうのを自分で作れちゃうって感じで、やってみると楽しいですよ。
 iPhoneで撮影した写真もGPSデータがついていて、これまた場所が反映されます。知らなかったけど恐るべしiPhoneって感じですね。あ、あと当たり前なんですがGPSデータは撮影対象ではなく撮影地点につくのでズームで遠くを撮影したりすると地図とはずれちゃいますよ〜

https://picasaweb.google.com/108033024971051753761/GPS#
でウェブ上で一般公開にしておきました〜
 まぁ、自分でつくらなきゃ面白さはわからないと思いますけど…っていうか自分で作ったのを見ると面白いですよ〜
 写真って色々な楽しみ方があると思うんですけど、GPSっていうメタデータがこんな驚異的な威力を発揮するとは思いませんでした…カメラっていうのは画質命!って思っていたんですが、ほんとにそうなの?っていうある意味、哲学的な問いかけをGPSはしてくれます…