iTunes : オーディオ CD の読み込み時にエラー訂正を使用する

iTunes : オーディオ CD の読み込み時にエラー訂正を使用する
 iTunesにCDから取り込む時は、これをつけておいたほうがいいみたいです。特に僕みたいに非圧縮派の人はつけると恩恵があるみたいです。あまり詳細はわからないのですが、想像するにチェックが入ってないと、エラーがあった際は補完で、チェックが入ってると、データディスクの読み取りのように、しつこく読み直すって事みたいです。大事なオーディオデータをきちんと、とりこぼしなく読み込んでくれるみたいで、なんか頼もしいです。チェックを入れて取り込むと、取り込みに時間がかかって、「お!がんばってるな!!」って感じです。
 実は正直なところ、聞き比べてみたところ、違いはあんまりわかんなかったです。。。僕の耳が悪いのか?エラー訂正をしなくても、割ときちんと取り込んでいるのか??多少補完しても、そんなに音は変わらないって事なのか???
 ProCableのサイトに詳しい話があります。
http://www.procable.jp/setting/25.html

iTunes : ドイツ語の文字化け

ドイツ語の文字化け
 iTunesなんですが、タイトルやアーティスト名がドイツ語なんかだと文字化けしちゃう事があります。僕の大好きなSven Vath(スヴェン・バース)は、ほんとはaの上にチョンチョンがつくんです。でも、そのままにしとくと文字化けしちゃうんです。iTunesでは文字化けしてても、えてして再生するんですが、そのライブラリをTraktorにインポートすると、ファイルがみつからなくて再生できなくなっちゃったりしちゃいます。なんで、iTunesにとりこんだ時点で修正しとくのが得策です。ドイツびいきの身としてはチョンチョンがなくなっちゃうのは、なんだか残念ですけど。。。
(ちなみにiTunesのバージョンは4.7.1です。)

CLUTTER

CLUTTER
 iTunesで音楽を聞くと困ること、、、それはジャケがない事です。特にテクノなんかは、曲名を覚えることってあんまりないので、黄色いジャケのやつの1曲目って感じで覚えているので、ジャケがないとさびしいです。ジャケなんてどうでもいいと思っていたのですが、失って初めてありがたみを知るって感じです。
 このCLUTTERというソフトはamazonのサイトから再生中の曲のジャケの画像をひっぱってきて表示してくれます。どうでもいいようでいて、ありがたいソフトです。(OSX用です)
http://www.sprote.com/clutter/

iTunesの総合計時間

iTunes
 音楽をゆっくりダラダラ聞くのが好きなんです。なんでiTunesに取り込んだ曲リストをみると、お金持ちが預金通帳の残高をみるように、フフフって感じです。
 iTunesは曲の総合計時間もだしてくれて24時間をこえると「日」の表示がでてきます。現在7.5日ぶんをためこんだので一週間休めたら、まるまる一週間違う、なおかつ自分の気にいった曲が聞けるわけです。「月」の表示がでるまでいい曲を買えるといいなぁ。。。(気にいった曲しかとりこまないんです。)