Moby : Move

 Mobyがロックっぽくなる寸前の激しい時代にでたCDです。ボーカル入りで激しくて度肝を抜かれたMove (Disco Threat)、ハードでミニマルな感じから賛美歌みたくなるUnloved Symphonyと素晴らしいです。一回でいいからMobyのライブに行ってみたかったです。
(1993、Elektra)

Moby : Go(Remixes)

 ツインピークスの、あの不気味なテーマをMobyがリミックス、、、シンセの細かいフレーズが美しいGo (Subliminal Mix)、ピアノが美しいGo (Woodtick Mix)と、ネタ系にありがちな安易な感じではなく、素晴らしい出来にしあがってます。
(1991、Instinct)

Moby : Hymn.Alt.Quiet.Version

 Moby、、、熱心で敬虔なクリスチャンでメガドックの時に神に祈りをささげていたら、Shamenに「神はいねぇっ!」って殴られる、、、「白鯨」の作者の孫(甥だったかな?)、、、初期は良かったが金儲け主義に走りやがって、、、
 何かと話題にことかかないMobyですが、作風はひたすら純粋で気まじめで、どこか青くさいです。。。その最高峰が、この Hymn.Alt.Quiet.Versionです。30分以上(33.3333333333333mins.ってかいてます。)にもわたって暗いゴシックな美しい荘厳が世界が繰り広げられます。癒し系?なんて勘違いして聞くとズズーンってなっちゃいます。別に楽しい気分になるわけじゃないんですけど、何か、まぁ、いいかって感じの妙にスッキリした気分になります。ジャケの裏には「thanks to jesus christ」って書いてます。
(1994、Mute)

jam & spoon : Stella

jam & spoon : Stella

 ジャム&スプーンの名曲、「ステラ」のシングルです。オリジナルはもちろんいいんですが、凄くメジャーになる前のMobyの、当時のちょっとハードコアの面影を残しつつもいい案配になってきたリミックスがなかなかいいです。Barracuda MixもElectro Mixもどっちもいいです。原曲のイメージをきちんと残しつつ男性ボーカルっていうかコーラスが入ってて、ちょっと違う雰囲気を楽しめます。ジャケットもなかなか素敵です。ちょっと珍しい下から見上げる視点です。虫の視点なのか寝てる人なのかわかんないですけど、曲の雰囲気が良くでてると思います。
(1992、R&S)