SONY : NEX-5

 久々にソニー製品を買いました!ソニー黄金期に青春を過ごした身としては、それだけで盛り上がってしまいました!設計思想としては、あまり難しい事は考えずガンガン使ってください!って事だと思います…たぶん。撮影しながら設定を変更したりとか、そういう事をしようとすると面倒です…が、撮影モードの「おまかせオート」が優秀なんです。明るくても暗くても人物でも風景でも物でも、とりあえず文句ない感じに撮影できます。何となくセンサーの後の処理が優秀な印象があるんですが、ソニーの長年の映像に対する誠実な研究のノウハウが出ていると思います。
 家族や恋人と旅行したりとか、浮かれた状況の時にカメラは活躍すると思うんですが、そうなると撮影は主役にはなり得ないわけで、ノリのほうが重要になってくると思います。そういうところにフォーカスして作ったカメラだと思います。ある意味ソニーがかつてウォークマンで提案というか発見というか発明した、「音楽との新しいつきあい方」のような、「写真とのつきあい方」を提案してくれたように思います。
 適当に撮るなら携帯とか、もっとコンパクトなカメラでもいいじゃないか!ってところなのですが、そこはやっぱりいちおう一眼ですから…撮影する時の高揚感、撮られるほうの浮かれ方が違います!驚いたのがシャッター音で、バシャッと結構でかいんです!カメラマン気分です!!もちろんシャッター音がしないほうがいい状況もあるとは思うんですが、ハレの場のカメラって事ですね。デザインもソニーらしい極端な小型化でレンズのはみ出ている感じが、逆バウハウスっていうんでしょうか?レンズというカメラの重要パーツを際立たせる感じです。ある意味、変態的なハイテクキュートっていうか、買う喜び、持つ喜びを満たしてくれます。
 デジタルカメラってフィルムカメラとの大きな違いは、すぐに結果が見れる…ある意味ポラロイドカメラのような楽しみもあると思うんですが、NEX-5は液晶がきれいで盛り上がります!あくまで液晶で見たものではなく、後でパソコンなり印刷なりしたものが結果ではあるんですが、その場で「きれいだね〜」とか言いながら撮影すると盛り上がります。
 最近Appleがガンガン攻めているので、SONYの発明力っていうか「新しい楽しみ」の提案が目立たなくなっていると思うんですがウォークマンでまさに世界を変えたメーカーなので頑張ってほしいなぁっていうか、何かそういうSONYの素晴らしさをNEX-5で久々に感じる事ができて嬉しいです!