Cafe Del Mar

 カフェ・デル・マーの季節です、夏がやってきます。これは泣く子も黙るっていうか寝てしまう、チルアウトのシリーズの名作Cafe Del Marの第一弾です。懐かしいです。「こんなの知ってる?」って感じで会社で上司に教えてもらったのが懐かしいです。当時考え方としてなかったっていうか、だいぶ新鮮だったように思います。
 レーベルはなんとReactから出てて、そのせい?か、最近のものに比べると、まだテクノっぽいかたい感じがして、そこがまた純朴な感じで、当時がしのばれます。
 この手は、どの曲が好き!って騒いでもしょうがないような気はしますが、Sun Electricがこんな芸風も!って感じの「Sundance」、Underworldのアンビエント?というちょっと珍しい「Second Hand」、歌が素敵なEstelleの「Estelle」が僕は好きです。
(1994、React)

Reactivate16

 まだまだ続くぜ!!って感じで第16弾です。すっかりエピックな感じになりました。Alpha Breedの「Epic Future」、Terra W.A.N.の「Who’s Gonna Ease The Pressure」、Blu Peterの「Substance」がなかなかいいです。良くも悪くもわかりやすい、みんなで楽しむ感じになりました。
(2000、React)

Age Of Love : The Age Of Love(The Remixes)CD2

 Age Of Loveのリミックス集の二枚目は一枚目より味わい深い感じのものが多いです。風情というか趣のあるThe Age Of Love (Boeing Mix)、ダブっぽいのをやると実はうまいJam&SpoonのThe Age Of Love (Jam & Spoon Sign Of The Time Mix)、ハードでかっこいいThe Age Of Love (Secret Knowledge Remix)と充実してます。
 名曲のリミックスってお気に入りは一つで、あとは一回聞けばいいやって感じの事が多いんですけど、このリミックス集は何度も聞いてしまいます。やはりトランスとテクノの歴史的な名曲なんだと思います。
(React、1997)

Age Of Love : The Age Of Love(The Remixes)CD1

 トランスって言葉がではじめた時、「トランスってどういうの?」ってなった時に、こういう曲だよ!っていうのが、この曲だったように思います。その Age Of LoveのRemix集です。代表的なミックスであるJam&SpoonのJam & Spoon Watch Out For Stella Mix、Paul Van Dyk Love Of Ages Mix、Baby Doc Remixが入ってます。どれもリミックスした人のカラーが自然に出ていてなおかつ原曲の荘厳なイメージもがっちり残っていて素晴らしいです。
 Age Of LoveはJam&Spoonの変名ユニットっていう噂もあったなぁ、、、実際どうなんでしょ?まぁ、何にしてもタイトルも凄いし、曲も凄いし、ジャケも凄いです。90年にオリジナルが出て、92年にJam&Spoonがリミックスしたものが大ヒットしたみたいです。
(1997、React)