RAVE MISSION Vol.15

RAVE MISSION
 このRAVE MISSIONシリーズって、あんまり日本では紹介されていないし、売ってないんです。なので、僕の場合はVol.7を買った後に見つけたのが、この Vol.15でした。「番号のサバを読んでるのかな?」ってずっと思ってたのですが、調べてみるとそんな事はなくて、長く続いているシリーズみたいです。
 15は7に比べるとちょっとエピックっぽくなってきたような感じです。とはいえ、まだまだジャーマン節は健在で、もう勘弁してくれっていうくらいアガる曲が多いです。僕はVDMの「No Hesitation」とRICKY LE ROYの「Red Moon」が好きです。どっちも誰だこれ?って感じの無名な人っていうのがRave Missionのいいところです。なんだか遡ってコンプリートしたい今日この頃です。

RAVE MISSION Vol.8

RAVE MISSION
 RAVE MISSIONの第8弾です。ジャケはシリーズ共通の変な魔王みたいなやつです。ジャケットでも、150minと自慢?してますが、みっちりと曲が入ってます。どの曲も尺が7分とか10分とかって感じで長くてトランスファンとしてはニヤリって感じです。
 誰これ?っていうようなのばかり入ってるんですが、だいぶイイんです。僕はSCOPEの「Perfect」って曲と、CREAMSの「My Love Emotions」が好きです。このシリーズは凄くちゃらちゃら?した感じなんですけども、曲のつくりとか音色がしっかりしていて、さすがテクノ王国ドイツ!!って感じです。テクノ人口が多いんだろうなぁって思います。

RAVE MISSION Vol.VII

RAVE MISSION
 夏になると熱い音楽が聞きたくなります。僕の場合はこれです。ジャーマントランスの聖地フランクフルトに社員旅行に行った時に上司兼、添乗員兼、通訳兼、もろもろコーディネーター(超優秀)が「今一番売れてるのはコレだぜ!!」って教えてくれて買った思い出の一枚です。
 当時はHARTHOUSE命!!って感じだったんで、なんだこのかっちょ悪いジャケットは、、、そして、テクノなんて非メジャーなもので一番売れてるって言われても、、、って思ったんですが、聞いたら最高でした。たぶんこの辺からダッチトランスとかエピックに変化してったと思うんですけど、そんな感じです。そしてドイツ産だけあって、イカれてますっていうか壊れてます。ウワーっと盛り上がるところが通常の三倍増しくらいで盛り上がっていて、ヤバイです。
 ちなみに僕はDEMONIC EMOTIONSの「Suck On A Spacetrip」っていう曲とMAGNETIC PULSTARの「Secret Love」が好きです。どっちもかっこよくて、きれいです。