The Secret Life Of Trance 2

 当時隆盛をなしていた、Harthouseとはまた違った暗さがRisingHighの魅力でした。当時勝手にRisingHighもドイツのレーベルだったと思っていたらUKだったという。。。デトロイトテクノのマネをドイツで間違ってマネしたらジャーマントランスができて、それをマネしたら RisingHighが、、、って感じなんでしょうか??
 今にしてみると部屋聞きにあわないスケールの大きい曲が大きいです。クラブというよりはなんとなく野外が似合うような??今聞くとだいぶゴアっぽいです。
 スケールでかい系のRD1の「Total Eclipse (Dsl Mix)」、強引に泣かせにかかってくる4 Voiceの「Eternal Spirit」とシラフじゃ聞けないよ、、、って感じの凄い曲がそろってます。そんな中、Pink Elln & Atom Heartの20分にもおよぶ、まさにエレクトロニックな超大作「Electroniq」なんかもある所が当時の多様性をしのばせてくれます。
 最後の曲のDreamfishの「Underwater」は普通に気持ちいいアンビエントです。ミックス・マスター・モリスって本人名義じゃないほうが、力が抜けてていいような??
(1993、Rising High)

The Secret Life Of Trance

 ジャケが凄いです。当時の雰囲気がよく出てる?気がします。なんか今より、おっかなびっくりな感じでテクノって聞いてたような気がします。もちろんラジングハイのコンピなのですが、「トランスの秘密の生活」って訳なんでしょうか?昔から謎で今も謎なのですが、これまた凄いタイトルです。
 ジャム&スプーンというか、そのボーカルのPlavkaファンとしては、Rising High Collectiveの「No Deeper Love (Irrisistible Force Mix)」がありがたいです。ミックス・マスター・モリスのリミックスで美しさ倍増な感じです。
(1993、Rising High)

Chill Out Or Die III

 「チルアウトするか死ね!」っていう凄いタイトルのライジングハイのアンビエントコンピです、、、当時からヘビーだなぁって思ってたんですが、やっぱりヘビーな感じです。
 ヨーロッパの皆さんは何かと凄いんだろうなぁ、、、チルアウトにしてもこんだけヘビーなものがいいんだなぁって感じです。
 一曲目のM-AGEの「Mindwarp」がいいです、、、っていうか、そこから先に進めないって感じです。チルアウトっていうよりは深夜に聞く感じです。
(1994、Rising High)