DigDug

DigDug
 なんかゲームって似たりよったりだなぁ〜って子供ながらに思い始めたころに、彗星のように現れたナムコのゲームです。ポンプで敵を膨らませて破裂させるのが衝撃的でした。
 ゲームセンターでディグダグのちっこいキーホルダーをもらった事がきっかけで「ナムコに絶対の忠誠を誓うぜ!!」って子供心に思いました。そして後にナムコに入社してしまうのでした。。。

パックマン

パックマン
 僕には難しいゲームでした。一瞬で100円が失われました。今にしてみれば、アーケードゲームの魅力って子供にとっては大金の100円をかけて命がけでプレイすることにあったように思います。
 ゲームのうまいヤツはヒーローでした。人垣の中、無限にやり続けているヤツはかっこよかったなぁ、、、当時のゲームはコンティニューもなかったし、できたからどうだって感じだったし、お金では買えない何かが当時のゲームにはあったように思います。面ごとにでるボーナスのフルーツの何をみた事があるとかないとかで大騒ぎしていたなぁ。。。