ピノキオ

ピノキオ
 実は見た事なかったんですよ。話自体は知ってるつもりだったんですが、うはははは!って感じで普通に見ていたら、途中で結構驚きました。父親になって息子を持ってから見ると、また、うむむな感じです。
 子供ってバカな親の言う事を聞かないで、くだらない事をするもんなんだなぁ、、、って感じです。あ、あと、女神が出るところのエフェクト?っていうかOLが、たいした事がないようでいてバッチリで、ピノキオの独特な動きはもちろん、映像的には何かと感心させられました。

闇の王子ディズニー

闇の王子ディズニー
 昔いた会社の上司に、「一度は読め!」と言われていたのですが、今さらながらに読んでみました。ディズニーのスタッフは、毎日毎晩、グルングルンのわっはっは!、、、っていう話かなと思って読んでみたのですが、違いました。。。
 アニメーションに限らず、映像制作の仕事をしたい!!っていう志の高い方は、確かに一度読んでみたほうがいいと思います。ウォルト・ディズニーのまさに波瀾万丈な人生がわかります。
 FBIとの関係、出生の謎、アニメーターのストライキ、第一次大戦の偽ミヤゲ作り、アブ・アイワークスとの出会い、「しあわせウサギのオズワルド」シリーズのライセンス使用権のトラブル、ミッキーマウスの誕生、トーキーへの挑戦、「暴利をむさぼるユダヤ人」との闘い、資金繰り、テクニカラーへの挑戦、キャラクター商品、ディズニーブーム、ウォルトの独裁、厳しい内規、怪文書、スコッチにひたしたドーナツの朝食、庭での鉄道遊びと事故…白雪姫、ピノキオ、バンビ、ダンボ、ファンタジア…素晴らしい名作、そしてディズニーランドは、とんでもない混乱から生み出されていて、やっぱりディズニーって凄い!って思いました。

TRON

TRON
 確かディズニー初のCG映画です。今みるとピクサーなんかの最近の芸風というよりは白雪姫とかのディズニーの古典的な芸風と世界観のような気がします。魔法の世界っていうか魔術的っていうかアナザーワールドっていうか、だいぶ、ぶっとびます。ぼわ〜んと光った表現をするためか、コンピューターの世界を表すためか、全体に暗めの独特なトーンで、昔VJ素材として愛用してた方がいたような気がします。暗いところでみると気持ちいいんです。
 久しぶりに子供とみたら、字幕を読めないくせに喜んでみてました。。。