TRON : 公開時(1982)のコンピュータ事情

 TRON LEGACYを前に興奮してます…復習の意味でTRONを見たらGUIじゃないんです。CUIですよ。誰もマウスなんて使っていません。キーボードでコマンドですよ…映画の中では巨大なiPadみたいなテーブルがでてきてタッチスクリーンのキーボードを使うのですが、タップとかフリックとかのGUIな操作はないのでした…TRON公開時の1982年が、はたしてコンピュータの歴史でどういう時期だったのか気になったので、ちょいと調べてみました。
 
1977 : Apple II発売
1978 : MZ-80K発売
1979 : PC-8001発売
1980 : パックマン(アーケード)、ゲームウォッチ発売
1981 : IBM PC発売(Microsoft製DOS)
1982 : TRON公開
1983 : ファミコン発売、ゼビウス(アーケード)
1984 : Macintosh発売(初代ですよ…)
1985 : 日本電電からNTTに移行(ここまではパソコン通信にはカプラ使用、モデムは違法…インターネットどころじゃないですね。)
 
 1982年って国内では、パソコンというかマイコンと呼ばれていた個人用のコンピュータが、やっと出たばかりの時期ですね…ほんと「特殊」な方じゃないと使ってなかった頃だったと思います。(Appleが大昔から頑張っていて驚きますけど…)
 ビットとかバイトとか、フォルダがあってファイルがあるっていうような階層構造とか、バスっていう概念とか、SCSIとかUSBとかFireWireみたいな規格とか、UNIXのパーミッションとか、ネットとかサーバーとかFTPとか、ウイルスとかセキュリティとかアップデートとか、まぁ誰も、少なくとも僕は知らない時期の映画でした。TRONってコンピュータが身近になった今見ると納得できる部分も多くて、ほんと面白いです!

END OF LINE
コンピューターって感じですね。