最強伝説黒沢

最強伝説黒沢

 shi3zの長文日記で紹介されていて、なんか妙にひっかかったんですよね…福本伸行ってヤングマガジンでカイジは読んでいたんですけれど、人生の裏街道的な感じが、ちょっと苦手っていうか、読んでもスカッとしないかなって思って、どうしようかなぁ…と、グダグダしていたんですけれども、単身赴任の中年のオッサンである僕と、なんか通じるものがあるんじゃないかなぁ…と、思って寂しい週末に、ダメな感じっていうか、冴えない気分を味わいたくて読んでみました。
 Kindle版にしたんですけれども、一気に買うとマンガって結構なお値段なんですよね…もう、ジジイっていうか、昔の感覚が抜けていなくて、マンガって380円くらいな印象なんですよ。たぶん子どもの頃ってそれくらいだったと思うし、買えばボロボロになるまで何回も読んだのでコストパフォーマンスは高かったと思うんです。映画はVHSのレンタルが1500円という高額時代から、Huluで月額はあるけれど気持ち的にはタダになったので、相対的にマンガって高いなぁ…って感じなんです。僕は大人になってもマンガひとつ気軽に買えないのか…と、買う前から福本ワールドにひたりつつ、ポチりました。
 最初は思った通りの福本節って感じで、さびしい中年の心にしみました…速攻で黒沢が食べているアジフライを買いに行って、続きを読んだら、アレ?アレレ??っていうびっくり展開でした。中年のオッサンの日常系と思っていたら、展開が激しくて、石渡治のB・B以来の衝撃でした…中年になって、ドラゴンボール的な熱い気持ちも枯れてきましたな…そろそろオジイサンですな…と思っていたんですが、まだまだこれからだぜっ!って思わせてくれる傑作です。そういうわけで最近アジフライをよく食べます。

BECK(1)

 まるでゴリラーマンの続きのような、しょーもない日常から、まるでマンガのようにドラマが繰り広げられていきます!映画を見たら、久しぶりにマンガも読みたくなって、読んだらムチャクチャ面白いです!!!!

失踪日記

 失踪、路上生活、アルコール中毒、強制入院…と結構凄い内容なんですが、独特のほのぼのとした絵で一気に読んでしまいます。「ダメ」な話って苦手なんですけれども、自分も弱っている時なんかに読むと諦観ともまた違う独特の感慨が得られます。

コロコロコミック

 去年から息子(小1)が激しくはまっています…幼稚園から小学校に上がったのを機会に、そろそろいいかなぁ〜と買い与えたのが運のツキ…オモチャメーカーとコロコロの陰謀に親子ではまってしまいました…とはいえ、最新のオモチャの情報に小学生向けのギャクに、自分でつくるオヤツとか読み物も面白いし、息子にとって最高の雑誌である事は間違いないようです。
 熱心に繰り返し読んでいるのを見ると「ちょっとは勉強しろよ!」…と、僕も人並みに親として思わなくもないんですが、喜びそうだな〜と思うと「ダメ」なものを与えてしまうという、親とは矛盾した存在ですね…