コロコロコミック

 去年から息子(小1)が激しくはまっています…幼稚園から小学校に上がったのを機会に、そろそろいいかなぁ〜と買い与えたのが運のツキ…オモチャメーカーとコロコロの陰謀に親子ではまってしまいました…とはいえ、最新のオモチャの情報に小学生向けのギャクに、自分でつくるオヤツとか読み物も面白いし、息子にとって最高の雑誌である事は間違いないようです。
 熱心に繰り返し読んでいるのを見ると「ちょっとは勉強しろよ!」…と、僕も人並みに親として思わなくもないんですが、喜びそうだな〜と思うと「ダメ」なものを与えてしまうという、親とは矛盾した存在ですね…