Illuminations

 僕がゴア・トランスを本格的に聞きはじめて、パーティーとかに行くようになったのは、たぶん、1997年くらいだと思います。完璧にアンダーグラウンドだったのから、ぐわっと世に出つつも、まだ、本来のいい感じが残っていた頃だと思います。
 その頃は曲も素朴で、テクノ的な見地で聞くと、なんか適当だなぁ、、、ってところもあったんですが、だんだん曲も緻密に、テクノっぽくなり、うわぁ!最高だなぁって思うと同時に初期のエッセンスが、ちょっと失われ、同時にパーティーもちょっと、なんだかなぁ〜って感じになって、それでも修行だ!って感じで行きつつも、やっぱり最初の頃よりは楽しくないなぁ、、、
 、、、ってな感じで、サイケデリックも一時期のムーブメントだったんだなぁ、、、と、感慨にふけっていたのですが、これを聞いたら、まだまだ進化の途上にあるんだ!がんばっている人たちは頑張っているし!!全然、終わっていない!!!!って思いました。
 Orb vs. YouthのAppletree In My Backyard (Abakus Remix)が、文句なく素晴らしいです。ゴア的な侘び寂びのある、パーティーでかかったら100%泣いてしまう名曲だと思います。
(2006、Liquid Sound Design)

Abakus : That Much Closer To The Sun

 音楽を聞くと色々な気持ちになるわけですが、このアルバムは未経験の不思議な気持ちを体験できる感じです。アンビエントっぽいんですが、今まであったものとだいぶ世界観が違っていて新鮮です。なんかちょっとさっぱりしている感じです。世界観的に凄く新しい感じです。「Circle」って曲がその中でもさっぱり感が強くて僕のお気に入りです。
 友達に教えてもらったんですけど、ちょっと地味だなぁって思っていたんですけど、聞き込んでみたら、だいぶよかったです。最近昔のビッグネームばっかり聞いていたんですけど、今でもいいのが出てるんだなぁって感じです。
(2004、LSD )