Sven Väth : Harlequin – The Beauty And The Beast

 Sven Vathが凄く好きなんですが、CJ Bollandも凄く好きなんです。なんでこのUS版をGEMMを使ってわざわざドイツからおとりよせしたところ、やっぱり凄かったです。Sven Vathの怪しい感じと、CJ Bollandの鼻血でそうな感じのいいとこどりな感じで凄いです。「Harlequin-The Beauty And The Beast (CJ Bolland Remix II)」がそれなんですけど、Remix Iもあるらしいので、聞いてみたいです。
(1994、Warner)

FRS : Harder

 ベルギーのテクノレーベルR&SのハウスレーベルGlobal Cutsから出てたCarl Craigのシングルです。Love Is The Messageが、ほんとに素晴らしいのですが、買った当時はハウスなんて、よくわからなかったので、10秒くらい聞いて、失敗したぁ〜って感じでした。 R&SはCJ Bollandを代表とするバキバキにハードなイメージなレーベルだっただけに、アレ?なんだこりゃ??って感じでした。
 ほんと若い時って聞けるレンジが狭いんだなぁって感じです。CDって気にいらなくても寝かせておくと急に気に入ったりしますね、不思議と。
(1994、Global Cuts)