Carl Craig : At Les (Christian Smith’s Tronic Treatment Mix)

 最近、Christian Smithが気になる方なわけですが、Carl CraigのAt Lesのリミックスを聞いてみたら良かったです。At Lesって名曲とされているわけなんですが、僕はどうにも苦手だったので、リミックスになって良さがわかった感じです。
 Eye-qとかPlatipusあたりを彷彿させる泣きのストリングスが素晴らしいです。ジャーマントランス好きとしてはこういう傾向のがどんどん出てくるようになったら嬉しいです。
 またしてもBeatportでwav購入なわけですが、発見→視聴→即購入なので色々とヤバイです…
(2010、Tronic)

Ian Pooley : A Subterranean Soundtrack

 イアン・プーリーがミックスしたCDが1枚とイアン・プーリーの曲や、リミックスした曲が入ったもう1枚の2枚組です。1枚目のミックスのほうは今までのExcursionsやnitelife06と比べると、おや?ちょっと硬めだなって感じです。でも硬いままかなぁって思っていると、Fortran 5のHeart On The Line (Bassline Mix)あたりからプーリー節になってきて最後にはふわっとさせられます。Carl CraigのNo More Wordsも入ってきてイアン・プーリーってカール・クレイグをうまく使う天才だなぁって思います。
 2枚目のほうはIan Pooley & Magik JのPihaが良かったです。
(2005、NRK Sound Division)

Tresor 3

 Tresorのコンピです。現役の頃ってノーチェックでした、、、バカでした、、、
 DominaのDomina (Maurizio Mix)を聞きたくて買ったんですが、渋い、、、僕は、Domina (C. Craig Mind Mix)派ですね。
 DJ Hellの、Allerseelen (Jeff Mills remix)が、YouTubeで聞くと、たいした事なかったんですが、爆音で聞いたら、かっこ良かったです。
 あと、Schizophrenia(Moritz Von Oswald & Thomas Fehlmann)のSchizophreniaが、8分52秒と、長いのが入っていて、嬉しかったです。Thomas FehlmannのGood Fridge. Flowing : Ninezer Onineightにも入ってたんですけど、短く編集されてたんだなぁ〜ってな感じです。やはりアンビエントは長いほうが、嬉しいです。
(1995、Nova Mute)

Carl Craig Presents Paperclip People : Throw & Remake Uno

 カール・クレイグの別名義Paperclip Peopleの、The Climaxを久々に聞けた勢いで、これも大傑作との事で聞いてみました。ThrowはLoleatta HollowayのHit and Runのベースをサンプリングしているのだそうです。これまた、14分45秒と長いです。ベースもなんですが、生っぽいキックと、ハイハット、特にハイハットの音が良くて生っぽいんですが、ミニマルにはまります。
 Manuel GöttschingのE2-E4をリメイクというかリミックスしたRemake Unoは、Remake Duoを以前聞いた時に、そんなにかなぁ〜と思っていたのですが、Remake Unoは僕好みでした。原曲に近い感じです。
(1994、Dance Street Records)