Anthony Collins : Reeves

 100人中100人が好きになるであろう、もしくはそうであってほしい、ほんとに美しい曲です。美しいボイスがずーっと続くんですが、処理が絶妙で、うるさい感じにはならず控えめなのに説得力がある感じです。
 この曲をSVEN VÄTH IN THE MIX The Sound Of The Ninth Seasonに入っていたので知ったわけですが、「トランス」のほんとに重要な部分を継承している名曲だと思います。「そういえばテクノってただの音楽じゃなかったんだ!」って久々に思い出させてくれます。
 Curle 25: So Far (So Good)ってコンピに収録されたのをBeatportで購入したわけですが、ジャケっていうかアートワークがちょっと好みじゃない感じなんですが、なんだろう?
(2008、Curle Recordings)