007 : 慰めの報酬

 カジノロワイヤルの続きです。前作でダニエル・クレイグ=007ってなったので、さぁ見るぞ〜って感じです。

 ボンドカーは今回もアストンマーチン!「大事にしないとQに怒られるぞ〜」って思いましたが、今回もQの登場は無しなわけでビックリ装備も無しです。なんでハードな展開になるわけです。

 ボンドガールと一緒でも従来までのウッフン展開じゃないところが新しいです。ストーリーも今までのシリーズで最高難度で実は僕はちょっとわかりませんでした…

007 : カジノロワイヤル

 ショーン・コネリー原理主義者の僕ですがボンドのチェンジはもう何度も経験してるので今度は気持ちに余裕がある感じでした…が、ダニエル・クレイグは衝撃的でした。ありとあらゆる「お約束」をぶち破ってくれます。

 今回はQの登場は無し…ってなわけで特殊装備もソニー製なんです。ソニー信者の僕としてはうれしいところですが、Qマニアとしてはがっくり…ビックリ装備に頼らなかったり、コネリー的な余裕だぜ〜ってな感じもなく今回の007は「リアル」なんです。

 ボンドガールもいわゆる「ボンドガール」な感じではなく「リアル」です。

 ボンドカーはアストンマーチン!腕時計はロレックスではなくオメガです…

 ボンドと言えばこだわりのマティーニなわけですが、ダニエル・クレイグはマティーニに関してもかましてくれます。007なりたての話なので、そういうところがいちいち面白いです。