Order To The Galaxy Vol. 1

 K.U.D.OさんはThe Rの曲もよくかけてた、、、という情報を入手し、このコンピに入っている「Groove The Planet」を聞いてみましたが、う〜ん、、、わからない、、、って感じです。ハードコアっていうかRaveっていうか、オケヒットなんかも入って、だいぶ昔な感じです。yellow時代ではなくcave時代にかけてたのかなぁ????cave時代には行ってなかったので、よくわからないのですが????????
(1991、Torso)

Hard Beat House : The Beat Of The Big City

 K.U.D.Oさんのファンです。世界一のDJだと思います。情報のない時代だった事もあり、どんなのかけてたんだろう??と思っていたら、 Cybersonikの「Thrash」をよくかけていたという噂を聞きつけたので、それが入っている、これを聞いてみました。記憶が定かでないのですが、かかっていたような、かかっていないような????容赦なくハードな感じは確かに当時の感じではありますけど謎です。。。
 そしてCybersonikには「Thash」の他に「Trash」という曲もあるみたいですが、単なる誤植なのか、ほんとに2曲あるのか、これまた謎です。。。
(!Hype、1992)

Alaska : Lost in Alaska

 K.U.D.Oさんがyellowでかけていた時期がありました。なんか押しつぶされそうな暗い感じが壮大なスケールで繰り広げられます。名曲です。でも表題とジャケの通り寒い感じです。盛り上がりすぎた後なんかにこれで一度クールダウンしてから、またがばーっと盛り上がったような気がします。
 ちなみに、Laurent Garnierの別プロジェクトです。
(1993、FNAC)

TECHNO NATIONS : The Beginning Part One

 テクノを聞きはじめた頃って、こういう意味不明のCDを一生懸命ジャケ買いしてました。このCDには何とUnderground Resistanceの「Seawolf」が入ってます。わけわかんないままに買って、聞いて、気に入って、後で世間的にも評価の高い曲だとわかると、なんか嬉しいです。ブリブリのキックと、303とクラッシュシンバルが激しいハードな曲です。印象としては何となく完全無敵な潜水艦のようなイメージです。 K.U.D.Oさんもよくyellowでかけてました。
(1992、Kickin Records)