Sven Väth : Ritual Of Life (Adam Port 108 Mix)

Ritual Of Life (Adam Port 108 Mix)

 Sven VäthのEYE-Q時代の名曲、Ritual Of LifeをAdam Portがリミックス!原曲のちょっとおどろおどろしいまでのスピリチュアルな感じを、うまく最近な感じにしています。とはいえ、原曲の旨味はしっかり残っているところが素晴らしいです。YouTubeでこの曲で現役の若い人が踊っているのを見ると感慨深いです。
 108っていうのは煩悩の数の108ですよね?たぶん。
(2015、Cocoon Recordings)

Sven Väth : L’esperanza

 ほんと久しぶりにCDを買いました。L’esperanza (Hope Will Move Mountains Mix)を聞きたかったんです。やっぱりジャーマントランスはいいなぁ!!!!Visions Of Shivaのリミックスが素晴らしいです。懐かしいのはもちろんなんですけれども、そろそろこういうのをうまく使えばレアグルーブ?な感じの面白いミックスができるのかも?って思う今日この頃。
 L’esperanza (Double Mix Featuring Patricia)もオリジナルほどズブズブじゃないとこがなかなかです。まぁ、どうでもいいんですがSvenが着ている「無秩序」ってTシャツを友達が着ていて凄くうらやましかったのもいい思い出です。
 90年代は何も考えずに通り過ぎてしまったわけですが、振り返ってみると最高で、2010年代も現役の皆さんにとって、そういう時代になるといいなぁっていうか、そういう何かが今どこかにはあると思うんだけど、なんだろう?
(1993、Eye Q)

SVEN VÄTH IN THE MIX The Sound Of The Ninth Season

 Sven VathによるミックスCDですが、あっ!と言う間に第9弾です!!実はこのシリーズ、ジャケがちょっとなぁ、、、って事で、しばらく買ってなかったんですが、なんか急に聞きたくなって、とりあえず買ってみました。まぁ、昔は弁髪だったし、、、変なかっこしてもしょうがないかなぁとか思いつつも、これはひどい、、、とか、言いつつスキャンの関係で黒くなっちゃってるとこは現物はキラキラになってて凄く嬉しいです。なんか、そんなんで喜んでいて、幼稚な気もしますが、、、
 1曲目のMathew JonsonのSymphony for the Apocalypse (New Age Revolution)が、もう、ほとんどゴアなんですよ!驚きました!!SashaのThe Mongooseとか、Timo MaasのSubtelliteなんかも往年のゴアファンが聞いたら、こんなところで正当進化していたのかっ?!って驚くと思います。Smith & SelwayのTotal Departure (Cirez D Remix)は長くてしつこくて、フロアで聞くと凄い事になりそうです。
 2枚目のCDも、あいかわらず渋いです。Anthony CollinsのReeves、PigonのPromisesなんかの美しい曲を聞くと、Eye-Qの頃からのコアな部分は変わっていないんだなぁって嬉しくなります。
(2008、Cocoon)

Vernon : Wonderer Remixes

 Sven VathのEye-Qに所属していた、Vernonの、Wondererって曲の、最近(って言っても2002年ですけど、、、)のリミックスです。 Eye-Qのコンピの記念すべき1枚目の1曲目に、Vernon S Wonderland – The Futureっていう同じ曲なのか、アレンジ違いなのか微妙に悩む曲が入っているのですが、まぁ、あんな感じの曲のリミックスです。
 Eye-Qの特徴として「ヤバイ」「確実に別世界に連れて行っていただける。」って事があげられると思うんです。とはいえ、こう、ちょっと純粋っていうか古い概念なのかなぁって最近思っていたんですが、そんなトランスの本来の感じをバキっとストレートに堂々と出してきたって感じです。とりあえず、ダメそうだけど、買っておこうって感じで買っていたんですが、凄かったです。ん?なんかエピックだなぁって思いつつも、素晴らしいWonderer(Son Kite Rmx)に、ミニマルに仕上がっている、Wonderer(Kontrasequenz Rmx)が、いいと思います。
(2002、Hadshot Haheizar)