PicasaとGPS

 Googleの写真共有アルバムなわけですが、これを使うとGPSデータつきで撮影した写真が、俄然面白くなります!

 言わずと知れたGoogleから、
http://www.google.co.jp/
Gmailのアカウントを作成!

 そしてアカウントができたら、

 [もっと見る]のところに[写真]が!そしてログインすると[プロフィールの作成]と出るので[Googleプロフィールを作成]をクリック!

 そしてiPhotoやMac用のアップローダもあるようなんですが、チマチマと[アップロード]からアップロードしてみます。[アップロード]をクリックすると、

 公開設定が出るので、気をつけて設定です。裸踊りの写真が[ウェブ上で一般公開]だと困りますから…

 とりあえずCASIOのEX-H20Gで撮影した初夏の石割桜をアップロードしてみました。咲いてる時はヨボヨボした感じなんですが夏に見ると意外と元気なんですね…って事はどうでも良くて、EX-H20GはGPS内蔵なんで自動的にExifにGPSのデータが入っちゃってるわけです。

 なんで、右下のほうを見ると…ジャジャーン!撮影場所が自動的に出ているわけです。[マップを表示]をクリックすると、

 写真が貼付けられた地図が出てくるわけです。楽しいなぁ〜昔、ほら、駅前なんかにボタンを押すと目的地が光る案内板があったじゃないですか?ああいうのを自分で作れちゃうって感じで、やってみると楽しいですよ。
 iPhoneで撮影した写真もGPSデータがついていて、これまた場所が反映されます。知らなかったけど恐るべしiPhoneって感じですね。あ、あと当たり前なんですがGPSデータは撮影対象ではなく撮影地点につくのでズームで遠くを撮影したりすると地図とはずれちゃいますよ〜

https://picasaweb.google.com/108033024971051753761/GPS#
でウェブ上で一般公開にしておきました〜
 まぁ、自分でつくらなきゃ面白さはわからないと思いますけど…っていうか自分で作ったのを見ると面白いですよ〜
 写真って色々な楽しみ方があると思うんですけど、GPSっていうメタデータがこんな驚異的な威力を発揮するとは思いませんでした…カメラっていうのは画質命!って思っていたんですが、ほんとにそうなの?っていうある意味、哲学的な問いかけをGPSはしてくれます…

CASIO : EX-H20Gの第一印象

 あのカシオのGPS内蔵のカメラです。使ってみたいなぁ〜って思っていたら某ルートよりお借りする事ができて、やった〜!ってな感じでいじり倒そうって感じなわけです。
 こういう場合って評価は好意的な方向にバイアスがかかるんですかね?自分で金を払っていない→惚れ込んでいない→思い入れが無い…ってな事でマイナス方向にもバイアスがかかるような気もしますが?どっちなんでしょ?まぁ、僕の場合元々カシオ大好きっ子だし、機械に対してはあまり悪口は言わないほうですし…
 まず第一印象としてはカシオなんですよ。高級感とか所有欲を満たすとか、そういういわゆる「ステイタス」を満たすという意味でのオーラはゼロです。むしろそういうところから離れている変態メカを使っている変態な俺!っていう満足感がカシオですから…

プレビュー : GPS情報の確認

 GPS情報を埋め込むと、Mac標準のプレビューでもGPS情報が確認できます。(ちなみに僕はOS10.6.5です。)上の平泉にある金色堂近辺の写真もGPS情報埋め込み済です。(手順は下記リンク)
GPSPhotoLinker & HOLUX m-241

 

 Command+iで、情報表示→詳細情報インスペクタ(黒丸にiのアイコン)→GPSで、世界地図とか緯度、経度が出てきます!
 [場所を確認]ボタンを押すと↓

 Googleマップが表示されます!便利です。あらゆる写真にGPSデータを!!

GPSPhotoLinker & HOLUX m-241

 GPSロガーからGPSログを読み込み→写真にGPSデータをリンクしてくれるソフトです。ありがたい事にフリーです。

 僕はOS10.6.5なので、まずはGPSPhotoLinker 1.6.4 for Mac OS X 10.5 & 10.6をダウンロードしてインストールしました。

http://www.earlyinnovations.com/gpsphotolinker/

 まずはGPSロガーとMacとのBluetoothでのペアリングです。Macのシステム環境設定>Bluetoothを開きます。(僕はGPSロガーはHOLUXのm-241のファームV1.13を使っています。デフォルトでBluetoothはオンなのですが、SettingからONになっているか確認します。)

 [新しいデバイスを設定]で進みます。

 HOLUXが認識されるので、[続ける]で完了します。PINコードは0000で自動的に進んじゃいました。

 GPSPhotoLinkerを起動して、[Download]をクリックします。

GPSを[Holux]
Inputを[Holux_M-241-SPPSlave]
…を選択し、[Download]

 何かエラーがでちゃうんですが、[OK]で進みます。

 [Load Photos]で写真をロードして、[Batch save to photos]で写真にGPSデータがくっつきます。
 Linking Optionsは悩みどころですが、僕はLink to:[Nearest recorded point]にしました。(今回のログは30秒ごとに保存で、お店などに入ったらログをいったんストップにしたので、これがベストだと思います。)

 今回は平泉の泉そば屋に行ったんですが、
(ちなみにクリックして出てくる写真にGPSデータ埋め込み済です。)

 GPSPhotoLinkerの緑の地球のアイコンをクリックすると…

 バッチリ地図が開きます!!

http://maps.google.com/maps?q=38.988407+141.116714+(_DSC0015.JPG)&z=15

 今回はテスト用に場所のはっきりした有名店を使ったのですが、秘密のビーチとか砂漠の中の秘密基地とか、見知らぬ土地での宝探しとか…まぁ、普通に旅行とか、そんな時に使うと面白そうです。ちなみに今回の旅行でも移動中に撮影した何でもない風景の場所が後からわかると、ちょっと嬉しかったです。
 いつか地元の岩手のGPSデータつきの写真アーカイブを作ってみたいです。