Harthouse : B-Sides + Rarities

 最近ちょっと、ハートハウスをがんばって聞いてます。これはダウンテンポな感じのコンピなので、買った時はイマイチだったのですが、最近ちょっと、いいかなって感じです。色々聞けるようになると面白いです。
(1996、Harthouse)

Soap : Dumb Funk Resistance

 グラフィティなジャケにいやな予感はしつつ買ってみたら、やはり内容的にはそんな感じでした。僕にとってハートハウス=ハードフロアー的なものだったので、なんじゃこりゃ〜って感じだったのですが、ダウンテンポなものも聞けるようになった今、結構いいかなって感じです。
(1995、Harthouse)

Harthouse Compilation Chapter 6 – Six Flags

 ハートハウスのこのコンピはあんまり聞いてなかったんですが、久々に聞いてみたら、Hardfloorの「Mahogany Roots(360SoundVersion)」が良かったです。とはいえ、久々に聞くと他のトラックはお腹いっぱいな感じではありました。みんなで真剣にシリアスなトラックを聞いて踊ってたんだなぁ、、、って感慨深いです。年をとったのか、深夜遊ばなくなったせいなのか精神力が弱くなったのか?ちょっとくやしい気持ちもなくもないです。
(1995、Eye-Q)

Der Dritte Raum : Elektro Disco

 ハートハウスのジャケによく使われるロボットのようなサイボーグのようなイラストのジャケがカッコイイです。もう、それだけで買ってしまいました。僕は再発のものを買ったので「なぜ?ハートハウスのイラストが!!??」って驚いたのですが、元々ハートハウスのリリースだったのですね。
 僕的にはハートハウスは暗いイメージなのですが、このアルバムは軽快です。音にもところどころユーモアがある感じです。よくよく考えてみるとタイトルにも「Disco」ってついているくらいですから、そんな感じです。
 「Aeolus」、「Bohrer」、「Brenner」が好きです。ゴアのパーティーでよく聞いたような気がします。どろ〜んとした時間帯が終わって、こういうのがかかると、凄く楽しかったです。ゴアなんで「いぇ〜い!!」とか騒いだりしないで、もくもくと踊るわけですけど、隣の人をみるとニコっと笑ったりしてました。
(1995、Harthouse)