GPSPhotoLinker & HOLUX m-241

 GPSロガーからGPSログを読み込み→写真にGPSデータをリンクしてくれるソフトです。ありがたい事にフリーです。

 僕はOS10.6.5なので、まずはGPSPhotoLinker 1.6.4 for Mac OS X 10.5 & 10.6をダウンロードしてインストールしました。

http://www.earlyinnovations.com/gpsphotolinker/

 まずはGPSロガーとMacとのBluetoothでのペアリングです。Macのシステム環境設定>Bluetoothを開きます。(僕はGPSロガーはHOLUXのm-241のファームV1.13を使っています。デフォルトでBluetoothはオンなのですが、SettingからONになっているか確認します。)

 [新しいデバイスを設定]で進みます。

 HOLUXが認識されるので、[続ける]で完了します。PINコードは0000で自動的に進んじゃいました。

 GPSPhotoLinkerを起動して、[Download]をクリックします。

GPSを[Holux]
Inputを[Holux_M-241-SPPSlave]
…を選択し、[Download]

 何かエラーがでちゃうんですが、[OK]で進みます。

 [Load Photos]で写真をロードして、[Batch save to photos]で写真にGPSデータがくっつきます。
 Linking Optionsは悩みどころですが、僕はLink to:[Nearest recorded point]にしました。(今回のログは30秒ごとに保存で、お店などに入ったらログをいったんストップにしたので、これがベストだと思います。)

 今回は平泉の泉そば屋に行ったんですが、
(ちなみにクリックして出てくる写真にGPSデータ埋め込み済です。)

 GPSPhotoLinkerの緑の地球のアイコンをクリックすると…

 バッチリ地図が開きます!!

http://maps.google.com/maps?q=38.988407+141.116714+(_DSC0015.JPG)&z=15

 今回はテスト用に場所のはっきりした有名店を使ったのですが、秘密のビーチとか砂漠の中の秘密基地とか、見知らぬ土地での宝探しとか…まぁ、普通に旅行とか、そんな時に使うと面白そうです。ちなみに今回の旅行でも移動中に撮影した何でもない風景の場所が後からわかると、ちょっと嬉しかったです。
 いつか地元の岩手のGPSデータつきの写真アーカイブを作ってみたいです。

HOLUX : m-241 : 設定の工夫(観光旅行用)

 HOLUXのm-241でGPSのログをとる→Googleマップにインポートすると移動経路が見れて面白いんです!が…以前、一日分のログのKMLをGoogleマップにインポートしようとしたところ、多くて最初のほうしか入りませんでした…どうやら間引きが必要なようです。というわけで先日の旅行では、設定をちょっと工夫してみました。

ログの頻度

 デフォルトでは…
Log by time – 5sec
…に、なってます。ログを5秒に1回とるんです。
Log by time – 30sec
…と、30秒に1回ログをとる事にしてみました。写真にGPSデータをつけるにしても観光旅行だったらこれくらいの精度でいいのかな?みたいな感じです。
ちなみに僕のはファームウェアV1.13なんですが、1秒、5秒、10秒、15秒、30秒、60秒、120秒に設定できます。

移動しない時はログはSTOP&電源オフ

 旅行って食事をしたりとか買い物になったりとか、わりと移動ストップの時ってあるじゃないですか、そういう時にいったんログはSTOP&電源オフにすれば、余計なログもつかなくていいかなぁ〜って感じです。HOLUXのm-241は単三電池1本で12時間作動って事になっていますが電池の節約にもなると思います。この方法だと、一泊二日の旅行だと電池交換無しでいける感じです。
 要注意な点としては、ログを[STOP]してから電源オフにしないとログは保証しないとの事…最近電源オンオフがシビアな機器って少なくなってきたので、浮かれがちな旅行中はへまりがちではありました…

BlueToothをオフに

 デフォルトでBlueToothはオンになっているので、オフにすれば電池の節約になるのではないかと思います。

 たぶん、用途によってベストの設定があると思うので、いい感じのところを探りたいなぁ〜って思います。ちなみにデフォルトでは5秒おきにログをとるのですが、Log by Dist.って事で一定距離を移動するごとにログをとる事も可能です。距離は50m、100m、150m、300m、500m、1000mから選べます。どういう時に使うのかな?バイクのツーリングなんかだとこっちなのかなぁ〜とか考えるのも楽しいです。

HOLUX : m-241 : Speed & Altitude

 HOLUXのm-241はGPSロガーなんですが、単体で使っても結構楽しいんです!フィルムケースくらいの大きさなので持ち運びもそんなに苦にならないですし…っていうかこの黄色い物体を持って歩くのが楽しくてしょうがないです。
 写真はm-241のSpeed & Altitudeモードです。GPSを利用して、移動速度と標高を知る事ができます。これは東北新幹線の下りに乗っている時なんですが、速度が253km/hで方向がNになってます。そして標高が78mになっています。
 速度がわかったからどうしたっ?って気がしなくもないんですが、0kmから速度が上がっていく様を見るのは面白いです。新幹線だと「アレ?速度が下がったな〜」→次の駅のアナウンスってな事もあって楽しかったです。ちなみに速度は徒歩とか自転車でも計る事ができるんです。自転車は大昔…小学生の頃にスピードメーターをつけるのが流行って、わざわざ自転車屋さんでホイールにパーツを取り付けてもらってメーターをつけて、下りの最高スピードなんかを見てドキドキしたので、なにかしらスピードを知りたい欲求が人間(というか僕)にはあるのかもしれません…
 高度のほうもですね、登山リフトにのったりとか、自分の足で山に登ったりとか、高度が上がっていくのを見るのはワクワクします。まともな用途としては、登山の時ってコンパスと地図だけだと訓練っていうか慣れていないと現在地の把握って難しい部分があると思うんですが、高度がわかると、わりとビシッと現在位置がわかると思います。特にも一本道の登山コースを登る時なんかは役にたつと思います。昔は気圧を使うタイプの高価な高度計が使われていたくらいなので、高度がわかるって事は結構役にたつんだと思います。
 まぁ、とはいえこういうGPS関係の機器はアレですね…真剣に使っている方や必要のある方には申し訳ないんですが、仮面ライダーの変身ベルト同様、僕にとっては「なりきりオモチャ」ですね。人工衛星を利用して位置情報がわかるなんて、自分がアクション映画のヒーローになった気分です!初期の007の装備より明らかに凄いわけで、まさにQもビックリだなぁ…と、感慨にふけってしまいます。あと、GPSって動作原理をイメージすると「自分は地球の上にいるんだっ!」っていう妙な感慨が得られるところがロマンです。