best of Mijk van Dijk -Past Perfect-

 90年代の中頃にマイク・ヴァン・ダイクに熱病のようにはまりました。多くのテクノがくら〜い中、マイク・ヴァン・ダイクはまぶしかったです。ハッピー系っていうただ明るいアッパーな分野もあるのですが、そういう明るさではなくって、希望があるみたいな?
 メロディーがしっかりした曲が多いので忘れがちになるのですが、リズムがしっかりしています。独特の硬いキックに、隠し味で入っている実はトライバルなリズム。へらへら聞いても真剣に聞いても聞き所、はまり所がある感じです。
 このベスト版は、過去に夢中になって聞いた、Environ-Mentality Act 1、Gamer’s Night、 Shelter、All Our Coloursがバッチリ入ってます。
 聞いた事のなかった曲ではHow Deep Is Your Love?がかっこよかったです。あと、今回はHigh On Hope (1992 Long Hot Summer Mix)がお目当てで買ったんですけど、もちろんバッチリでした。明るく美しい名曲です。

Moby : Everytime You Touch Me

 やっと手に入れました!Everytime You Touch Me (Mijk Van Dijk’s Microglobe Mix)が入ってます。Mobyのポジティブな曲をMijk Van Dijkが、さらにポジティブにリミックスしています。Mijk Van DijkではなくMicroglobe名義なところもポイントです。聞くと勇気が出るっていうか、涙腺が弱くなってしまいます。テクノも進化を続けていますが、こういう感じってなかなかないなぁって思います。
 Beatmastersのリミックスも、当時の大騒ぎな感じで、良かったです。
(1995、Intercord Tontrager GmbH, Mute)

Humate : 3 & the remixes

 Humateはきれいでかっこよくて、確実にスゲーって感じになるので、一時愛用してました。このシングルは3.1って曲と3.2って曲のリミックス集です。「3.1 (Humate’s ’98 mix)」は普通にかっこいいですし、「3.1 (Mijk van Dijk mix)」はどっから聞いてもマイク・ヴァン・ダイクって感じでこれまたかっこいいです。マイク・ヴァン・ダイク本人の曲よりマイク・ヴァン・ダイクっぽいかもしれません。
 3.1も3.2もBedrockのリミックスが入っていて、どっちも耽美系っていうかカフェ・デル・マー系っていうか、そういうロマンチックで甘い感じで素敵です。
(1998、Superstition)

Mijk Van Dijk : Glow

 マイク・ヴァン・ダイクはスーパーポジティブな曲をガンガン出してたんで、初めてこのアルバムを聞いた時、「ん?地味だな??」って思いました。単純な4つ打ちの曲も少なかったですし、、、
 でも、ヒマになって聞き返してみると、凄く完成度が高いです。音がマイク・ヴァン・ダイクです。丁寧につくってます。こういうのを落ち着いて聞けないほど、当時はクラブに行ってたんだろうなぁって感慨深いです。
(1997、Superstition)