Deletions Vol.01

 Peacefrogのアナログを、そのまま入れましたよって感じのジャケが、なかなかのCDコンピです。Planetary Assault SystemsのSurface Noiseが凄いっていう噂を聞いたんで、買ってみたら、劇シブでした。フロアで、でかい音で聞きたいです、、、っていうか、遠い昔に聞いた記憶があるような、ないような。。。
 前から気になってた、Glenn Undergroundも良かったです。
(1997、Peacefrog Records)

Beauty Room : Beauty Room

 最近テクノ道を極めるものとして、ちょっとスランプです、、、心身ともに健やかじゃないとテクノって集中して聞けないんですね、何かピコピコうるさいなぁ、、、みたいな、、、ってなわけで、久々に新しいものをって事もあって、これを聞いてみました、、、とはいってもバレアリックAORって事で、テクノっていうよりは普通な音楽な感じです。元々デトロイトテクノな人のユニットなんですが、その面影は特にない感じです。
 ボーカル、ギター、ピアノ、音響処理、すべてが完璧で、脳ミソとろけそうな感じです、、、脳ミソを溶かす目的ではなく、普通に聞いてもいい感じです。
(2006、Peacefrog)

Planetary Assault Systems : Archives

 だいぶ昔話になりますが2004年のwireに行った時にルーク・スレーター初体験をして、凄ぇ!こんな人がいたとはって事で、初期のプロジェクトのこれを聞きました。ミニマルな感じですが、ほどよくバランスがとれていて美しいです。ジャケも、なかなか、ない感じで、かっこいいです。
(1995、Peacefrog)