Reactivate 15 – Harry The Hammerhead’s Pounding Trance Jawbreakers

 Reactivate 15のアンミックス版です。2枚組です。IndoctrinateのFeeling Youが素晴らしいです。BTのFlaming June (PvD & BT’s Remix)に限りなく似ているのですが、別にいいじゃないか!っていうくらいの素晴らしさです。
 ダッチっぽい曲もたくさん入ってるのですが、その辺は僕は苦手みたいです。改めて聞いてみるとシンセの音がブラスっぽくなるとダッチな感じで、その派手な感じがダメみたいです…ストリングス系だといいんですけど…その辺は好きずきだなぁって思います。ほんと。
(1999、React)

Reactivate 15 Darren Pearce mix

 Reactivateの15弾です。Darren Pearceがミックスしてます。ダッチ色が強いように思います。シーンというか世間の流行が離れていって、ちょいとつらい時期だったかもしれません…とはいえX-CabsのNeuro 99のあたりが盛り上がって結構好きでした。
(1999、React)

Reactivate16

 まだまだ続くぜ!!って感じで第16弾です。すっかりエピックな感じになりました。Alpha Breedの「Epic Future」、Terra W.A.N.の「Who’s Gonna Ease The Pressure」、Blu Peterの「Substance」がなかなかいいです。良くも悪くもわかりやすい、みんなで楽しむ感じになりました。
(2000、React)

Reactivate18

 たぶんテクノ界最長寿コンピなんじゃないかと思われるReactivateシリーズもこれが最終です。なぜならレーベルのReact自体が終了だからです。なんかチャラチャラしつつも海外のRaveってこんな感じなのかなぁ、、、とかトランスってこんな感じなのかなぁ、、、と僕に妄想の旅をさせてくれた React!ありがとう!!って感じです。
 僕はこの中ではCape Townの「Skydriver」が一番好きです。誰だ?これ?って人のいい曲を発掘できるっていうReactivateシリーズのいいところは最後まで変わりませんでした。ハマりが浅い感じなんですけど、朝に爆音で聞くと、ワーイ!!って感じの爽やかな曲です。くだらないって言えば、くだらないんですけど、だからダメかって言うとそんなわけではないっていうRaveな感じのレーベルがなくなって残念です。
(2001、React)