Sasha : Mongoose

 SVEN VÄTH IN THE MIX The Sound Of The Ninth Seasonに入ってて、ムチャクチャかっこいい!!!!って思って、Sasha : The Emfire Collectionを買ったら、(Exclusive Emfire Edit)って事で短かったんで、このオリジナルをBeatportで買いました。
 ムッチリ、モッチリとした、わりとゆっくり目なディスコっぽいリズムに太いベース、時折あらわれるキラキラシンセと盛りだくさんな熱い夏の名曲です。なんとなくSashaっぽくないなぁって思うんですが、僕はSashaってそれほど好きではないんで、この曲だけ特別な感じです。
 レコードのラベルはそのままマングースで、小さい頃に「ハブ vs マングースショー」っていうのがあって、凄く見たかったけど、結局見る事ができなかったなぁ…というどうでもいい事を考えたりします。
(2007、emFire)

Yousef : Come Home (Sasha Matterhorn Intro Remix)

 Yousefのちょっと東洋的な趣もあるミドルテンポの名曲をSashaがリミックスしています。がっちりプログレッシブにはなってなくて、ちょびっとプログレッシブな具合がちょうどいいです! 
 Sven Väth in the mix the Sound of the 10th SeasonにOriginalが入っていて、凄く気に入っていたのでSashaのリミックスをBeatportで購入してみました。ジャケがないのがちょっとさびしいです…僕は非圧縮原理主義者なのでwavで購入しました。なぜか曲の終わりにプチッとノイズが入っていてショックでした…

 ちなみにDave SeamanのミックスCDのGlobal Underground GU39: Lithuaniaに収録されていて、それのアンミックスがBeatportで買えたって事みたいです。なんか不思議です。

Sasha : The Emfire Collection

 Mongooseが聞きたくて、買いました。(Exclusive Emfire Edit)ってな事で短くなっちゃってて残念、、、とはいえ、ディスコでテクノでトランシーで、かっこいいです。ハイハットなんかの一つ一つの音も、聞いてて、うーん、たまらんっ!って感じです。
(2008、emFire)

SVEN VÄTH IN THE MIX The Sound Of The Ninth Season

 Sven VathによるミックスCDですが、あっ!と言う間に第9弾です!!実はこのシリーズ、ジャケがちょっとなぁ、、、って事で、しばらく買ってなかったんですが、なんか急に聞きたくなって、とりあえず買ってみました。まぁ、昔は弁髪だったし、、、変なかっこしてもしょうがないかなぁとか思いつつも、これはひどい、、、とか、言いつつスキャンの関係で黒くなっちゃってるとこは現物はキラキラになってて凄く嬉しいです。なんか、そんなんで喜んでいて、幼稚な気もしますが、、、
 1曲目のMathew JonsonのSymphony for the Apocalypse (New Age Revolution)が、もう、ほとんどゴアなんですよ!驚きました!!SashaのThe Mongooseとか、Timo MaasのSubtelliteなんかも往年のゴアファンが聞いたら、こんなところで正当進化していたのかっ?!って驚くと思います。Smith & SelwayのTotal Departure (Cirez D Remix)は長くてしつこくて、フロアで聞くと凄い事になりそうです。
 2枚目のCDも、あいかわらず渋いです。Anthony CollinsのReeves、PigonのPromisesなんかの美しい曲を聞くと、Eye-Qの頃からのコアな部分は変わっていないんだなぁって嬉しくなります。
(2008、Cocoon)