バーチャファイターマニアックス

 当時の凄まじい熱が伝わってくる本です。Amazonで1円でした…バーチャファイターは1993年にアーケード版が出たんですが、ゲームの歴史を俯瞰してみた時に、真に革命的なゲームのベスト10に永遠に入るような気がします…ブラウン管の中でポリゴンのキャラクターがリアルタイムで動いているのを見て、「凄い事になったなぁ〜」って、ほんと驚きました。ちなみに、その当時でもう古いマシンではありますが、X68000でレイトレーシングで球を出そうとしたら、画面が真っ暗で無反応になっちゃって、「ん?落ちたかな??」って思って寝たら、翌朝にできてたってくらい、CG=遅い…って思っていただけに、技術のジャンプ感をとても感じました。
 とはいえ、僕はテクノとアナログシンセにはまりまくって、TB-303とかTR-909とか、ローランドのあのへんをローンを組んでは買っていたので劇貧で、ゲームから完全に離れていた時期でしたので、バーチャファイターを初めてやったのもゲームセンターではなくクラブだったように思います。友達に新宿のAutomaticに連れて行ってもらったら、そこにあったという…なので宇多田ヒカルのAutomaticを聞くとバーチャファイターが目に浮かぶという…
 …って、話はどうでもよくて、この本はトータルプロデューサーの鈴木裕のインタビューとか、「バーチャファイター」における拳法のリアリズムとは?とか読み物も面白く、でかい本なので写真とか見てるだけでもバーチャファイターの凄さが伝わってきます。
 ちなみに鈴木裕って岩手県出身なんですね。僕も岩手出身なんですが、岩手出身の天才がいる事を知って、自分もがんばろ〜って思いました。

FLICKY

 SEGAの1984年のゲームです。こんなかわいいのも作っていたんですね〜!罪の無い感じの小鳥たちがファンシー感炸裂です。音楽もバッチリです。初期のゲームって、ファンシーっていうかお子ちゃまな感じのグラフィックが結構あったのが不思議と言えば不思議です。実際ゲームが置かれるのは薄暗いゲームセンターだったわけですが、デパートの屋上とか、元々のエレメカからの流れの子供向けな感じだったのかなぁ…?

 タイトル画面です。ほのぼのです。

 小鳥っていうかヒヨコ(ピヨピヨ)を家に連れ帰るゲームです。猫(ニャンニャン)が敵キャラです。

 ヒヨコをたくさん引き連れて飛ぶと、やってて楽しくなってきます。やたら滑るっていうかマリオの倍くらいな感じで慣性が効いてて、最初は操作しにくいんですが慣れるとハマるし、ゲームバランスとして全く破綻なく楽しめます。昔の名作ゲームってその辺が良くできていたなぁ〜って思います。

古代王者 恐竜キング

古代王者 恐竜キング
 娘と息子がいるのですが、息子のほうがゲームが好きです。そんなに好きなのかっ!!ていうくらい好きです。いつもお姉さんのしている、オシャレ魔女ラブ&ベリーを、うらやましそうに見ているのが、あまりにも不憫だったのですが、まぁ、字も読めないし、まぁ、いいや、、、って思ってたら、救世主が現れたのです!
 会社の大先輩が、恐竜キングのカードを一気に50枚お譲りくださったのです。5000円もらったような、もんですね。この手のゲームは資本が命なのです。最初に、ある程度カードがないと、お話にならないのです。。。
 準備万端、いざ川徳(デパート)の子供コーナーへ!!!!テレビと、全く同様にフルモーションでカードをスキャンする、息子は輝いていました。スターバックスで闘いの後のココアを飲む姿は幸せそうでした。
 、、、が、カードをなくしちゃったんですよ、、、「カードを大切にしないやつに勝利の女神は、ほほえまない!」って、ありきたりの名言をかましてみたら、思いのほかグッタリしてました、、、という事件から3か月、、、最近ニヤニヤしているなぁと思ったら、カードをみつけたそうです。楽しいので、また行きたいです。

オシャレ魔女ラブ&ベリー

オシャレ魔女ラブ&ベリー
 いわゆる、ムシキングの女の子版です。最近は子供子供子供な感じです。子供と遊んでも、あんまりお金もかからないし、、、カードをスキャンして、オシャレして、ダンスで勝負ってゲームなのですが、カードがないうちは、服はオシャレでも靴はスリッパ?だったりして、資本主義の歪みを感じなくもないゲームです。。。
 プレーヤーが自身のなかに経験値を獲得するのが、昔のアーケードゲーム。経験値をパラメーターとして、保存するのが、ファミコン以降のゲーム。経験値をカードとして、金で買うのが、ラブ&ベリーなどのカードゲーム、、、っていう気がします。何となくサビシイような気もしますが、お母さん的には「ゲームだけで終わるより、カードも、もらえていいじゃない。」ってな感じみたいだし、家庭用ゲーム期への対抗手段として画期的なので、このゲームシステムを考えた人はゲームセンター逆境の中の救世主だなぁって思います。