From Here To Tranquility Vol.2

 これはいいです。ちょっとヒーリングな感じです。テクノ道を追求したというよりは、どちらかというと、そっちを追求した感じです。なんか急に気になってっていうか、こういうコンピがあったなぁって思い出して買ってみました。もしかしてテクノ一直線の当時に買ったら気に入ってなかったかもしれません。でも、ヒーリング系にありがちな安っぽい感じはなく質は高いです。Silentはサンフランシスコのレーベルなんで冬に聞いてもあれかなぁって思ったんですが、だいじょうぶでした。
 Pelican DaughtersのAurascape、Legion Of Green MenのThe Mosaic Eye: Depressurization Sensation (Ataractic Tessera) 、LotusのAnother Spring’s Blue Twilight 、PatternclearのTundra 、Cirrus MinorのZulu、68000のSee You In My Eyes 、TylervisionのThe Last Human、Robert RichのLiquid Airが優しい音で素晴らしいです。
 ちなみに、ジャケはニック・フィリップです。

 ジャケットを開くとアンビエントとは何かって事が書いてありました…

what is ambient?
ambient music was invented by the ocean
ambient music is not new age music
ambient music is not dance music
ambient music is what you listen to at 6am
ambient music is what angels meditate to
ambient music is the music of the spheres
ambient music is not boring
ambient music has something to do with morphic resonance
ambient music is what you hear when you are not listening
ambient music is the sound of making love to the wind and talking to the stars
ambient music has come to save your soul
 
 アンビエントって何?って聞かれるといつも返答に困るのですが、Silentからの答えですね。深いです。
(1993、Silent)

From Here To Tranquility Vol.4

 これも持ってないです、、、実は長く続いたシリーズなんですね、、、ニック・フィリップと言えば、アナーキック・アジャストメント!そして大仏!!なわけですが、これも大仏です。こういうのをテーマにしても暗い感じにならないのが、ニック・フィリップのいいところです。
(1995、Silent)

From Here To Tranquility Vol.1

 アナーキック・アジャストメントのニック・フィリップがジャケを!って事で買ったCDです。レーベルのSilentがサンフランシスコにあるせいかニューエイジっぽいっていうか、ドイツ系のバキバキからの着地用とは、また違った趣きです。マジメっていうか、ちょっとまた違った色々なイメージがわく感じです。ドロドロっていうよりはクリアーな感じです。
 H2Oの「Undersea」がイルカの声なんかも入って、そのまんまな感じなんですが好きです。
(1993、Silent)