Slag Boom Van Loon : Poppy Seed (Boards Of Canada Remix)

 高橋幸宏にはまりすぎて脱出できないよぅ…って感じだったんですが、寒くもなったし、ここはひとつBoards Of Canadaでも聞いてみようかなって事で聞いてみました。ずーっと気になってはいたんですが、なんかロック的な文脈で語られるっていうか、そういう気配を感じていたので、新世紀を迎えても90年代のテクノの残滓をひたすらすすりまくっていた僕にはうさんくさく感じていたのですが、そういえば熱く語っていた人がいたなぁ…とか、つらつらと思い出しつつ聞いたら、良かった!
 実際どうだかは知らないっていうか、わからないんですが、バキバキのトリップ!ずぶずぶと沈む意識の中で感じる何か…っていうような感じではなくて、ほどほどの浮遊感が心地よいです。スローだけどヒップホップなリズムがいいんでしょうか?アンビエントって、まぁ似たような感じになりがちな側面もあるとは思うんですが、Boards Of Canadaは独自な感じです。こう聞いてると、なんかいい事あるかな?的な儚い、微妙な希望のような…まぁ、これはBoards Of Canadaの曲ではなくリミックスではありますが…
(2001、Planet Mu)